徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 神原 悠輔/[佐藤 康史]/高田 弘一/岡川 泰/井山 諭/佐藤 勉/宮西 浩嗣/瀧本 理修/小船 雅義/加藤 淳二/食道癌および中咽頭癌に対する根治的化学放射線併用療法の晩期有害事象と考えられたtherapy-related myelodysplastic syndromeの1例/[日本消化器病学会雑誌]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
333536
EOID
1041709
Map
0
LastModified
2022年5月5日(木) 21:10:06
Operator
[ADMIN]
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
佐藤 康史
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. (英) KAMIHARA Yusuke / (日) 神原 悠輔
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 佐藤 康史([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.連携研究部門(医学域).寄附講座系(医学域).地域消化器・総合内科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) TAKADA Kohichi / (日) 高田 弘一
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) OKAGAWA Yutaka / (日) 岡川 泰
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) IYAMA Satoshi / (日) 井山 諭
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. (英) SATO Tsutomu / (日) 佐藤 勉
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. (英) MIYANISHI Koji / (日) 宮西 浩嗣
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. (英) TAKIMOTO Rishu / (日) 瀧本 理修
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. (英) KOBUNE Masayoshi / (日) 小船 雅義
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. (英) KATO Junji / (日) 加藤 淳二
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Therapy-related myelodysplastic syndrome as a late adverse event of definitive chemoradiotherapy for esophageal and oropharyngeal cancer

(日) 食道癌および中咽頭癌に対する根治的化学放射線併用療法の晩期有害事象と考えられたtherapy-related myelodysplastic syndromeの1例

副題 任意
要約 任意

(英) The risks of myelodysplastic syndrome (MDS) and acute leukemia are increased in patients previously treated for other malignancies. Therapy-related MDS (t-MDS) occurs after exposure to certain cytotoxic agents or radiation used for cancer treatment. We report a case of t-MDS following curative chemoradiotherapy (CRT) for esophageal and oropharyngeal cancer. An 80-year-old male diagnosed with double cancers of the esophagus and oropharynx underwent definitive CRT and achieved a complete response. Six years later, he became anemic, and bone marrow examination showed 3.4% blast cells with fine chromatin structures and basophilic cytoplasm. Cytogenetic analysis indicated a complex karyotype that included chromosome 5 and 7 abnormalities. These findings were consistent with t-MDS. Subsequently, he developed acute myeloid leukemia and died 8 months later. This case indicates that long-term surveillance is needed to closely monitor the risk of t-MDS in patients treated with CRT.

(日) 症例は80歳男性.中咽頭癌および胸部上部食道癌の重複癌にて根治的化学放射線療法を2コース施行し,CRを得た.6年後徐々に進行する貧血を認め,骨髄検査と経過よりtherapy-related myelodysplastic syndrome(t-MDS)と診断した.晩期有害事象としてまれだが,t-MDSは極めて予後不良であり,治療前の十分な説明と終了後の慎重な経過観察が必要である.

キーワード 推奨
発行所 推奨 財団法人 日本消化器病学会
誌名 必須 日本消化器病学会雑誌([財団法人 日本消化器病学会])
(pISSN: 0446-6586, eISSN: 1349-7693)
ISSN 任意 0446-6586
ISSN: 0446-6586 (pISSN: 0446-6586, eISSN: 1349-7693)
Title: Nihon Shokakibyo Gakkai zasshi = The Japanese journal of gastro-enterology
Title(ISO): Nihon Shokakibyo Gakkai Zasshi
Supplier: 一般財団法人 日本消化器病学会
Publisher: Japanese Society of Gastroenterology/Nihon Shokakibyo Gakkai
 (NLM Catalog  (医中誌Web  (J-STAGE  (J-STAGE  (J-STAGE  (J-STAGE  (J-STAGE  (Scopus (Scopus information is found. [need login])
必須 112
必須 9
必須 1664 1673
都市 任意
年月日 必須 2015年 0月 初日
URL 任意
DOI 任意 10.11405/nisshoshi.112.1664    (→Scopusで検索)
PMID 任意
CRID 任意 1390001206401943168
NAID 130005096705
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意