徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [玉井 伸岳]/多田 俊生/巽 大輔/松本 孝芳/カードラン/DMSO/水三成分系のゲル化における水の役割/[日本レオロジー学会誌]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
332560
EOID
944003
Map
0
LastModified
2019年4月24日(水) 14:33:41
Operator
三好 小文
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
玉井 伸岳
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨 徳島大学以外での単独著作(徳島大学以外での単一の研究グループ(研究室等)内の研究 (単著も含む))
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.大学院生物資源産業学研究部.生物資源産業学部門.生物資源産業学系.応用生物資源学分野(2016年4月1日〜2017年3月31日)
著者 必須
  1. 玉井 伸岳([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.応用生物資源学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Toshio Tada / (日) 多田 俊生 / (読) ただ としお
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Daisuke Tatsumi / (日) 巽 大輔 / (読) たつみ だいすけ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Takayoshi Matsumoto / (日) 松本 孝芳 / (読) まつもと たかよし
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Role of Water in Gelation of Curdlan/DMSO/Water Ternary System

(日) カードラン/DMSO/水三成分系のゲル化における水の役割

副題 任意
要約 任意

(英) We investigated the structure and viscoelastic properties of ternary gels of curdlan in mixed solvents of dimethyl sulfoxide (DMSO) and water as a function of the weight fraction of water fw to reveal the gelation mechanism. Dynamic viscoelasticity measurements demonstrated that the gelation begins to be induced by the addition of 1 wt % of water (i.e., fw = 0.01) and that the plateau modulus increases with increasing fw in the fw range up to 0.15. Spin-lattice relaxation time T1 measurements using 1H-NMR technique revealed that there exist at least two different types of water with different T1 values in the ternary gel. By comparing those T1 values with that of the water proton in the mixed solvent, the water with shorter T1 (Water-1) was ascribed to the water molecules dispersed in the mixed solvent contained in the ternary gel. On the other hand, the water with the longer T1 (Water-2) was presumed to exist under the situation where water water interaction is dominant. We hypothesized that Water-2 is localized around the vicinity of cross-linking points and is more relevant to the formation of cross-linking points. Almost a linear relation was observed between the plateau modulus Gc and the weight fraction of Water-2 fWater-2, indicating that the number of cross-linking points increases in proportion to fWater-2 in a constant volume of the ternary gel. Further, the distance between neighboring cross-linking points and the size of the region of Water-2 (i.e., equivalent spherical radius) could be estimated at 15-9.3 nm and 2.1-2.5 nm depending on fWater-2, respectively. All these results support the validity of our hypothesis about Water-2.

(日) カードラン/DMSO/水三成分系のゲル化機構を明らかにするため,動的粘弾性測定およびプロトンスピン-格子緩和時間(T1)測定により,三成分ゲルの構造および粘弾性特性を水の重量分率 fwの関数として調べた. fw ≥ 5 wt %では,貯蔵弾性率G'と損失弾性率G''は角周波数 にほとんど依存せず, fwの増加に伴い平坦部弾性率Geが上昇した.三成分ゲル中には,T1の異なる二種類の水が存在し,短いT1値を持つ水(Water-1)はDMSO中に分散した水と推定された.また長いT1値を持つ水(Water-2)は,その重量分率( fWater-2)とGeの間に比例関係が概ね成立したことから,架橋点近傍に局在する水と推定された.ゴム弾性理論を適用し架橋点間距離dを見積もったところ,dは15-9.3 nm(架橋点数密度からの推定)または10-5.1 nm(架橋点間分子量からの推定)の範囲内でfwの増加に伴い減少することがわかった.

キーワード 推奨
  1. (英) Curdlan / (日) カードラン
  2. (英) Dimethyl sulfoxide (DMSO) / (日) ジメチルスルホキシド
  3. (英) Water / (日) 水
  4. (英) Viscoelasticity / (日) 粘弾性
  5. (英) Spin-Lattice relaxation time / (日) スピン-格子緩和時間
発行所 推奨 (英) The Society of Rheology, Japan / (日) 日本レオロジー学会 / (読) にほんれおろじーがっかい
誌名 必須 日本レオロジー学会誌([日本レオロジー学会])
(pISSN: 0387-1533, eISSN: 2186-4586)
ISSN 任意 2186-4586
ISSN: 0387-1533 (pISSN: 0387-1533, eISSN: 2186-4586)
Title: 日本レオロジー学会誌
Supplier: 一般社団法人 日本レオロジー学会
Publisher: Society of Rheology
 (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 45
必須 1
必須 49 56
都市 任意
年月日 必須 2017年 2月 15日
URL 任意
DOI 任意 10.1678/rheology.45.49    (→Scopusで検索)
PMID 任意
CRID 任意
WOS 任意
Scopus 任意 2-s2.0-85015041012
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意