徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [六車 直樹]/[岡本 耕一]/[中川 忠彦]/Sannomiya Katsutaka/藤本 将太/[三井 康裕]/[木村 哲夫]/[宮本 弘志]/[東島 潤]/[島田 光生]/Horino Yoko/Matsumoto Shinya/Hanaoka Kenjiro/Nagano Tetsuo/Shibutani Makoto/[高山 哲治]/Molecular imaging of aberrant crypt foci in the human colon targeting glutathione S-transferase P1-1./[Scientific Reports]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
332060
EOID
933046
Map
0
LastModified
2018年11月29日(木) 11:57:04
Operator
[ADMIN]
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
高山 哲治
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 六車 直樹
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 岡本 耕一([徳島大学.病院.診療科.内科.消化器内科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 中川 忠彦
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Sannomiya Katsutaka
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Fujimoto Shota / (日) 藤本 将太 / (読) ふじもと しょうた
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  6. 三井 康裕([徳島大学.病院.中央診療施設等.内視鏡センター])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 木村 哲夫
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 宮本 弘志([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.先端医学教育研究プロジェクト]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.消化器内科学]/[徳島大学.病院.診療科.内科.消化器内科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. 東島 潤
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. 島田 光生([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.消化器・移植外科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  11. (英) Horino Yoko
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  12. (英) Matsumoto Shinya
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  13. (英) Hanaoka Kenjiro
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  14. (英) Nagano Tetsuo
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  15. (英) Shibutani Makoto
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  16. 高山 哲治([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.消化器内科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Molecular imaging of aberrant crypt foci in the human colon targeting glutathione S-transferase P1-1.

副題 任意
要約 任意

(英) Aberrant crypt foci (ACF), the earliest precursor lesion of colorectal cancers (CRCs), are a good surrogate marker for CRC risk stratification and chemoprevention. However, the conventional ACF detection method with dye-spraying by magnifying colonoscopy is labor- and skill-intensive. We sought to identify rat and human ACF using a fluorescent imaging technique that targets a molecule specific for ACF. We found that glutathione S-transferase (GST) P1-1 was overexpressed in ACF tissues in a screening experiment. We then synthesized the fluorogenic probe, DNAT-Me, which is fluorescently quenched but is activated by GSTP1-1. A CRC cell line incubated with DNAT-Me showed strong fluorescence in the cytosol. Fluorescence intensities correlated significantly with GST activities in cancer cell lines. When we sprayed DNAT-Me onto colorectal mucosa excised from azoxymethane-treated rats and surgically resected from CRC patients, ACF with strong fluorescent signals were clearly observed. The ACF number determined by postoperative DNAT-Me imaging was almost identical to that determined by preoperative methylene blue staining. The signal-to-noise ratio for ACF in DNAT-Me images was significantly higher than that in methylene blue staining. Thus, we sensitively visualized ACF on rat and human colorectal mucosa by using a GST-activated fluorogenic probe without dye-spraying and magnifying colonoscopy.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 Scientific Reports([Nature Publishing Group])
(eISSN: 2045-2322)
ISSN 任意 2045-2322
ISSN: 2045-2322 (eISSN: 2045-2322)
Title: Scientific reports
Title(ISO): Sci Rep
Publisher: Nature Portfolio
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 7
必須 1
必須 6536 6536
都市 任意
年月日 必須 2017年 7月 26日
URL 任意
DOI 任意 10.1038/s41598-017-06857-x    (→Scopusで検索)
PMID 任意 28747791    (→Scopusで検索)
CRID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
機関リポジトリ 112373
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.ELocationID: 10.1038/s41598-017-06857-x

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article