徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [向井 理恵]/Horikawa Hitomi/Lin Pei-Yi/Tsukumo Nao/[二川 健]/Kawamura Tomoyuki/[根本 尚夫]/[寺尾 純二]/8-Prenylnaringenin promotes recovery from immobilization-induced disuse muscle atrophy through activation of the Akt phosphorylation pathway in mice./[American Journal of Physiology. Regulatory, Integrative and Comparative Physiology]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
330023
EOID
933120
Map
0
LastModified
2018年11月29日(木) 11:57:48
Operator
[ADMIN]
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
二川 健
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 向井 理恵([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.食料科学系.食料科学分野])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Horikawa Hitomi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《堀川 瞳 (Horikawa Hitomi) @ 栄養生命科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2012年4月〜2014年3月》
    《堀川 瞳 (Horikawa Hitomi) @ 医学部 [学部学生] 2008年4月〜2012年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  3. (英) Lin Pei-Yi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《林 珮儀 (Peiyi Lin) @ 栄養生命科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2013年10月〜2015年9月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  4. (英) Tsukumo Nao
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《九十九 奈央 (Tsukumo Nao) @ 医学部 [学部学生] 2012年4月〜2016年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  5. 二川 健([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.栄養科学部門.医科栄養学系.生体栄養学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. (英) Kawamura Tomoyuki
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《河村 知志 (Kawamura Tomoyuki) @ 薬科学教育部.博士後期課程 [大学院学生] 2005年4月〜2008年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  7. 根本 尚夫([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.創薬科学系.機能分子合成薬学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 寺尾 純二
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) 8-Prenylnaringenin promotes recovery from immobilization-induced disuse muscle atrophy through activation of the Akt phosphorylation pathway in mice.

副題 任意
要約 任意

(英) 8-Prenylnaringenin (8-PN) is a prenylflavonoid that originates from hop extracts and is thought to help prevent disuse muscle atrophy. We hypothesized that 8-PN affects muscle plasticity by promoting muscle recovery under disuse muscle atrophy. To test the promoting effect of 8-PN on muscle recovery, we administered an 8-PN mixed diet to mice that had been immobilized with a cast to one leg for 14 days. Intake of the 8-PN mixed diet accelerated recovery from muscle atrophy, and prevented reductions in Akt phosphorylation. Studies on cell cultures of mouse myotubes in vitro demonstrated that 8-PN activated the PI3K/Akt/P70S6K1 pathway at physiological concentrations. A cell-culture study using an inhibitor of estrogen receptors and an in vivo experiment with ovariectomized mice suggested that the estrogenic activity of 8-PN contributed to recovery from disuse muscle atrophy through activation of an Akt phosphorylation pathway. These data strongly suggest that 8-PN is a naturally occurring compound that could be used as a nutritional supplement to aid recovery from disuse muscle atrophy.

キーワード 推奨
  1. (英) Animals
  2. (英) Cell Line
  3. (英) Enzyme Activation
  4. (英) Flavanones
  5. (英) Hindlimb Suspension
  6. (英) Male
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 女性 (female)
    [キーワード] 男性 (male)
  7. (英) Mice
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] ノックアウトマウス (knockout mice)
  8. (英) Mice, Inbred C57BL
  9. (英) Muscle Proteins
  10. (英) Muscle, Skeletal
  11. (英) Muscular Atrophy
  12. (英) Oncogene Protein v-akt
  13. リン酸化(phosphorylation)
  14. (英) Phytoestrogens
  15. (英) Protein Biosynthesis
  16. (英) Recovery of Function
  17. シグナル伝達(signal transduction)
  18. (英) Treatment Outcome
発行所 推奨
誌名 必須 American Journal of Physiology. Regulatory, Integrative and Comparative Physiology([アメリカ生理学会])
(pISSN: 0363-6119, eISSN: 1522-1490)
ISSN 任意 1522-1490
ISSN: 0363-6119 (pISSN: 0363-6119, eISSN: 1522-1490)
Title: American journal of physiology. Regulatory, integrative and comparative physiology
Title(ISO): Am. J. Physiol. Regul. Integr. Comp. Physiol.
Publisher: American Physiological Society
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 311
必須 6
必須 R1022 R1031
都市 任意
年月日 必須 2016年 9月 14日
URL 任意
DOI 任意 10.1152/ajpregu.00521.2015    (→Scopusで検索)
PMID 任意 27629889    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
機関リポジトリ 112458
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) PublicationType: Journal Article