徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [木下 貴正]/[三田村 佳典]/Mori Terumi/Akaiwa Kei/[仙波 賢太郎]/[江川 麻理子]/Mori Junya/Sonoda Shozo/Sakamoto Taiji/Changes in choroidal structures in eyes with chronic central serous chorioretinopathy after half-dose photodynamic therapy/[PLoS ONE]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
329697
EOID
933008
Map
0
LastModified
2018年11月29日(木) 11:56:40
Operator
[ADMIN]
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
仙波 賢太郎
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 木下 貴正
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 三田村 佳典([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.眼科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Mori Terumi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Akaiwa Kei
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《赤岩 慶 (Akaiwa Kei) @ 医科学教育部.博士課程 [大学院学生] 2014年4月〜2018年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  5. 仙波 賢太郎([徳島大学.病院.中央診療施設等.周産母子センター])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 江川 麻理子([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.眼科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. (英) Mori Junya
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《森 潤也 (Mori Junya) @ 工学部 [学部学生] 2011年4月〜2015年3月》
    《蒼森 純也 (Aomori Junya) @ 工学部 [学部学生] 2002年4月〜2006年9月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  8. (英) Sonoda Shozo
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. (英) Sakamoto Taiji
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Changes in choroidal structures in eyes with chronic central serous chorioretinopathy after half-dose photodynamic therapy

副題 任意
要約 任意

(英) To determine the structural changes in the choroid after half-dose photodynamic therapy (hPDT) in eyes with chronic central serous chorioretinopathy (CSC). This was a retrospective interventional study of 29 eyes of 29 patients who underwent hPDT for chronic CSC with serous retinal detachment (SRD) and were followed for ≥3 months. Enhanced depth imaging optical coherence tomographic (EDI-OCT) images of the subfoveal choroid were converted to binary images. The central choroidal thickness (CCT), the cross sectional subfoveal choroidal area, the hyporeflective and hyperreflective areas of the inner, outer, and whole choroid were determined at the baseline, and at 1, 3, and 12 months after the hPDT. The SRDs were resolved in 26 (89.7%) eyes at 3 months after the hPDT. The mean CCT (P = 0.001), the total choroidal area (P = 0.001), and the hypo-reflective area (P = 0.003) of the whole choroid were significantly decreased from the baseline at 3 months. The hyperreflective area of whole choroid was not significantly changed during the study period (P = 0.083). The hyperreflective but not the hyporeflective area of the inner choroid was significantly decreased at 3 months (P = 0.001, P = 1.000, respectively). The hyporeflective but not the hyperreflective area of the outer choroid was significantly decreased at 3 months (P = 0.001, P = 1.000, respectively). The hyperreflective area of the inner choroid and hyporeflective area of the outer choroid were significantly decreased after hPDT for chronic CSC. Because the hyperreflective and hyporeflective area correspond to the choroidal stroma and vessels, respectively, the decreased CCT and subfoveal choroidal area after hPDT may be attributed to a decrease in the exudative changes in the inner choroidal stroma and the reduction of the dilation of the outer choroidal vessels.

キーワード 推奨
  1. (英) Adult
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 成人 (adult)
    [キーワード] 成人教育経営 (adult education administration)
  2. (英) Aged
  3. (英) Aged, 80 and over
  4. (英) Central Serous Chorioretinopathy
  5. (英) Choroid
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 脈絡叢 (choroid plexus)
  6. (英) Chronic Disease
  7. (英) Female
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 女性 (female)
  8. (英) Fluorescein Angiography
  9. (英) Humans
  10. (英) Indocyanine Green
  11. (英) Male
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 女性 (female)
    [キーワード] 男性 (male)
  12. (英) Middle Aged
  13. (英) Photochemotherapy
  14. (英) Tomography, Optical Coherence
発行所 推奨
誌名 必須 PLoS ONE(Public Library of Science)
(eISSN: 1932-6203)
ISSN 任意 1932-6203
ISSN: 1932-6203 (eISSN: 1932-6203)
Title: PloS one
Title(ISO): PLoS ONE
Publisher: Public Library of Science
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 11
必須 9
必須 e0163104 e0163104
都市 任意
年月日 必須 2016年 9月 16日
URL 任意
DOI 任意 10.1371/journal.pone.0163104    (→Scopusで検索)
PMID 任意 27636093    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
機関リポジトリ 112333
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.ELocationID: 10.1371/journal.pone.0163104

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  3. (英) OtherID: PMC5026334

  4. (英) CoiStatement: The authors have declared that no competing interests exist.