徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 富安 直弥/並川 誠/[田中 秀治]/[竹内 政樹]/2015年冬季の徳島市における水溶性酸性ガス及びPM2.5に含まれる陰イオンのオンライン分析/[分析化学]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
327373
EOID
1034408
Map
0
LastModified
2022年5月2日(月) 13:58:50
Operator
三好 小文
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
竹内 政樹
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. (英) Tomiyasu Naoya / (日) 富安 直弥 / (読) とみやす なおや
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  2. (英) Namikawa Makoto / (日) 並川 誠 / (読) なみかわ まこと
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  3. 田中 秀治([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.創薬科学系.分析科学]/徳島大学薬学部創製薬科学科分析科学研究室/徳島大学大学院薬科学教育部分析科学分野)
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 竹内 政樹([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.創薬科学系.分析科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Online Analysis of Water-soluble Acidic Gases and Anions in PM2.5 at Tokushima City in Winter of 2015

(日) 2015年冬季の徳島市における水溶性酸性ガス及びPM2.5に含まれる陰イオンのオンライン分析

副題 任意
要約 任意

(英) This paper describes a simultaneous analytical system used for atmospheric water-soluble acidic gases and anions in PM<sub>2.5</sub>. The analytical system, consisting mainly of a parallel-plate wet denuder, mist chamber-hydrophobic filter based particle collector, and ion chromatograph provides automatically two acidic gas and two PM<sub>2.5</sub> data with in one hour. We applied the system to the continuous measurement of air pollutants at Tokushima, Japan in the winter of 2015, and obtained meaningful data in 97.9 % of the sampling period. The average acidic gas concentration and anion concentration in the PM<sub>2.5</sub> were, respectively, 4.85±3.08 nmol m<sup>-3</sup> for HCl, 22.19±18.47 nmol m<sup>-3</sup> for HONO, 9.54±2.52 nmol m<sup>-3</sup> for HNO<sub>3</sub>, 101.57±71.99 nmol m<sup>-3</sup> for SO<sub>2</sub>, 3.78±6.48 nmol m<sup>-3</sup> for Cl<sup>-</sup>, 3.37±1.99 nmol m<sup>-3</sup> for NO<sub>2</sub><sup>-</sup>, 25.16±31.49 nmol m<sup>-3</sup> for NO<sub>3</sub><sup>-</sup>, and 92.61±55.33 nmol m<sup>-3</sup> for SO<sub>4</sub><sup>2-</sup>. Characteristic diurnal patterns were observed in several gases. The concentration of HCl fluctuated with changes in the temperature with a 2-hour time-lag. The concentration of HONO peaked in the morning and middle of the night, and its behavior showed a similar pattern of NO<sub>2</sub> concentration. Backward trajectory analysis suggested that a high concentration of SO<sub>2</sub> that was emitted from China was transported to the sampling site, Tokushima, Japan.

(日) 大気中の水溶性酸性ガス及びPM<sub>2.5</sub>に含まれる陰イオン濃度を高い時間分解能で同時観測可能なオンライン分析システムを構築した.本分析システムは,主に自作のパラレル式ウエットデニューダーと疎水性フィルターを装着したミストチャンバー,及び陰イオン分析用のイオンクロマトグラフ1台で構成され,酸性ガスとPM<sub>2.5</sub>中陰イオンのデータを1時間にそれぞれ二つずつ出力する.本分析システムを2015年冬季の徳島市の大気分析に適用したところ,観測期間の97.9% で有益なデータを得ることができた.酸性ガス濃度の平均値(<i>n</i>=844)は,それぞれHCl: 4.85±3.08 nmol m<sup>-3</sup>,HONO: 22.19±18.47 nmol m<sup>-3</sup>,HNO<sub>3</sub> : 9.54±2.52 nmol m<sup>-3</sup>,SO<sub>2</sub> : 101.57±71.99 nmol m<sup>-3</sup>であり,SO<sub>2</sub>が高濃度に存在していた.一方,PM<sub>2.5</sub>に含まれる陰イオンの平均値(<i>n</i>=844)は,それぞれCl<sup>-</sup>: 3.78±6.48 nmol m<sup>-3</sup>,NO<sub>2</sub><sup>-</sup>: 3.37±1.99 nmol m<sup>-3</sup>,NO<sub>3</sub><sup>-</sup>: 25.16±31.49 nmol m<sup>-3</sup>,SO<sub>4</sub><sup>2-</sup>: 92.61±55.33 nmol m<sup>-3</sup>であり,これら陰イオンの総濃度の9割以上をSO<sub>4</sub><sup>2-</sup>とNO<sub>3</sub><sup>-</sup>が占めていた.観測期間中の同時刻のデータを平均化して,観測成分の日内変動を調べたところ,いくつかの酸性ガスで特徴的な挙動が明らかとなった.HCl濃度は気温の変動と類似していたが,そこには2時間のタイムラグが存在した.HONO濃度は午前9時頃と深夜0時頃にピークを有する二山型の変動がみられ,その挙動はNO<sub>2</sub>濃度の変動と類似していた.また,観測データを後方流跡線解析と対応させることにより,中国大陸から排出された高濃度のSO<sub>2</sub>が徳島に流入している可能性が示唆された.

キーワード 推奨
  1. (英) online analysis
  2. (英) acidic gas
  3. (日) PM2.5
  4. (英) anion
  5. (英) Tokushima
発行所 推奨 日本分析化学会
誌名 必須 分析化学([日本分析化学会])
(pISSN: 0525-1931)
ISSN 任意 0525-1931
ISSN: 0525-1931 (pISSN: 0525-1931)
Title: 分析化学
Supplier: 公益社団法人日本分析化学会
Publisher: Japan Society for Analytical Chemistry
 (Webcat Plus  (医中誌Web  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 65
必須 8
必須 425 432
都市 任意
年月日 必須 2016年 8月 初日
URL 任意 http://ci.nii.ac.jp/naid/40020936278/
DOI 任意 10.2116/bunsekikagaku.65.425    (→Scopusで検索)
PMID 任意
CRID 任意 1390282679638240128
NAID 130006846974
WOS 任意
Scopus 任意 2-s2.0-84988431133
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意