徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Bat-Erdene Ariunzaya/[三木 浩和]/Oda Asuko/[中村 信元]/[寺町 順平]/[天知 良太]/[天眞 寛文]/[日浅 雅博]/Iwasa Masami/[原田 武志]/[藤井 志朗]/Sogabe Kimiko/[賀川 久美子]/[吉田 守美子]/[遠藤 逸朗]/[粟飯原 賢一]/[安倍 正博]/Synergistic targeting of Sp1, a critical transcription factor for myeloma cell growth and survival, by panobinostat and proteasome inhibitors./[Oncotarget]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
326832
EOID
939708
Map
0
LastModified
2019年3月2日(土) 20:42:06
Operator
[ADMIN]
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
寺町 順平
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. (英) Bat-Erdene Ariunzaya
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《Ariunzaya Bat-Erdene (Bat-Erdene Ariunzaya) @ 医科学教育部.博士課程 [大学院学生] 2011年10月〜2016年11月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  2. 三木 浩和([徳島大学.病院.中央診療施設等.輸血・細胞治療部])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Oda Asuko
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 中村 信元([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.血液・内分泌代謝内科学]/[徳島大学.病院.診療科.内科.血液内科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 寺町 順平([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.組織再生制御学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 天知 良太([徳島大学.口腔科学教育部.口腔科学専攻.口腔健康科学講座.口腔顎顔面矯正学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 天眞 寛文
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 日浅 雅博([徳島大学.病院.診療科.矯正歯科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. (英) Iwasa Masami
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《岩佐 昌美 (Iwasa Masami) @ 医科学教育部.博士課程 [大学院学生] 2013年4月〜2019年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  10. 原田 武志([徳島大学.病院.診療科.内科.血液内科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  11. 藤井 志朗([徳島大学.病院.診療科.内科.血液内科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  12. (英) Sogabe Kimiko
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 曽我部 公子
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《曽我部 公子 (Sogabe Kimiko) @ 医科学教育部.博士課程 [大学院学生] 2015年4月〜》
    《曽我部 公子 (Sogabe Kimiko) @ 医学部 [学部学生] 2006年4月〜2012年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  13. 賀川 久美子([徳島大学.病院.診療科.内科.血液内科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  14. 吉田 守美子([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.血液・内分泌代謝内科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  15. 遠藤 逸朗([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健科学域.保健科学部門.医用検査学系.生体機能解析学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  16. 粟飯原 賢一([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.連携研究部門(医学域).寄附講座系(医学域).糖尿病・代謝疾患治療医学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  17. 安倍 正博([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.血液・内分泌代謝内科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Synergistic targeting of Sp1, a critical transcription factor for myeloma cell growth and survival, by panobinostat and proteasome inhibitors.

副題 任意
要約 任意

(英) Panobinostat, a pan-deacetylase inhibitor, synergistically elicits cytotoxic activity against myeloma (MM) cells in combination with the proteasome inhibitor bortezomib. Because precise mechanisms for panobinostat's anti-MM action still remain elusive, we aimed to clarify the mechanisms of anti-MM effects of panobinostat and its synergism with proteasome inhibitors. Although the transcription factor Sp1 was overexpressed in MM cells, the Sp1 inhibitor terameprocol induced MM cell death in parallel with reduction of IRF4 and cMyc. Panobinostat induced activation of caspase-8, which was inversely correlated with reduction of Sp1 protein levels in MM cells. The panobinostat-mediated effects were further potentiated to effectively induce MM cell death in combination with bortezomib or carfilzomib even at suboptimal concentrations as a single agent. Addition of the caspase-8 inhibitor z-IETD-FMK abolished the Sp1 reduction not only by panobinostat alone but also by its combination with bortezomib, suggesting caspase-8-mediated Sp1 degradation. The synergistic Sp1 reduction markedly suppressed Sp1-driven prosurvival factors, IRF4 and cMyc. Besides, the combinatory treatment reduced HDAC1, another Sp1 target, in MM cells, which may potentiate HDAC inhibition. Collectively, caspase-8-mediated post-translational Sp1 degradation appears to be among major mechanisms for synergistic anti-MM effects of panobinostat and proteasome inhibitors in combination.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 Oncotarget(Impact Journals)
(eISSN: 1949-2553)
ISSN 任意 1949-2553
ISSN: 1949-2553 (eISSN: 1949-2553)
Title: Oncotarget
Title(ISO): Oncotarget
Publisher: Impact Journals
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 7
必須 48
必須 79064 79075
都市 任意
年月日 必須 2016年 11月 29日
URL 任意
DOI 任意 10.18632/oncotarget.12594    (→Scopusで検索)
PMID 任意 27738323    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
機関リポジトリ 113049
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.ELocationID: 10.18632/oncotarget.12594

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  3. (英) KeywordList.Keyword: Sp1

  4. (英) KeywordList.Keyword: caspase-8

  5. (英) KeywordList.Keyword: multiple myeloma

  6. (英) KeywordList.Keyword: panobinostat

  7. (英) KeywordList.Keyword: proteasome inhibitors