徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [西山 賢一]/瀬部 直之/[石田 啓祐]/[中尾 賢一]/辻野 泰之/地形・地質から見た鳴門海峡の成立/[阿波学会紀要]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
325571
EOID
1034306
Map
0
LastModified
2022年4月28日(木) 14:35:40
Operator
三好 小文
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
西山 賢一
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 西山 賢一([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.自然科学系.地球科学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.自然科学コース.地球科学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (日) 瀬部 直之
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 石田 啓祐
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 中尾 賢一([徳島県.徳島県立博物館])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (日) 辻野 泰之
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Formative processes of Naruto straits based on geomorphological and geological features

(日) 地形・地質から見た鳴門海峡の成立

副題 任意
要約 任意

(日) 鳴門海峡に関する既存の地形・地質学的研究をレビューするとともに,海峡近隣の小鳴門海峡で掘削されたボーリング試料の分析を行い,新第三紀以降の鳴門海峡の形成過程についての議論を整理した.鳴門海峡は,基盤をなす和泉層群の差別侵食によって形成された岬地形に,約21万年前以降に海水が播磨灘側へ流入するようになって成立したと考える説が有力である.渦潮を伴う強い海流による海底の侵食が海釜を形成した.海水準変動により,氷期には鳴門海峡は陸化し,間氷期には水没する変化が繰り返されたと考えられる.

キーワード 推奨
  1. (日) 鳴門海峡
  2. (日) 和泉層群
  3. (日) 海釜
  4. (日) 海水準変動
発行所 推奨 徳島県.徳島県立図書館
誌名 必須 阿波学会紀要([阿波学会])
(pISSN: 1340-6523)
ISSN 任意 1340-6523
必須 61
必須 ---
必須 1 10
都市 任意
年月日 必須 2017年 3月 1日
URL 任意 https://ci.nii.ac.jp/naid/40021303697/
DOI 任意
PMID 任意
CRID 任意 1050845762776014464
NAID 120006548627
WOS 任意
Scopus 任意
機関リポジトリ 112904
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意