徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [吉丸 哲郎]/Ono Masaya/[坂東 良美]/Chen Yi-An/Mizuguchi Kenji/Shima Hiroshi/Komatsu Masato/[井本 逸勢]/Izumi Keisuke/Honda Junko/Miyoshi Yasuo/Sasa Mitsunori/[片桐 豊雅]/A-kinase anchoring protein BIG3 coordinates oestrogen signalling in breast cancer cells./[Nature Communications]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
325303
EOID
1003550
Map
0
LastModified
2021年3月26日(金) 11:02:16
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
吉丸 哲郎
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 吉丸 哲郎([徳島大学.先端酵素学研究所.重点研究部門])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Ono Masaya
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 坂東 良美([徳島大学.病院.中央診療施設等.病理部])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Chen Yi-An
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Mizuguchi Kenji
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. (英) Shima Hiroshi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. (英) Komatsu Masato
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 井本 逸勢
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. (英) Izumi Keisuke
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. (英) Honda Junko
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  11. (英) Miyoshi Yasuo
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  12. (英) Sasa Mitsunori
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  13. 片桐 豊雅
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) A-kinase anchoring protein BIG3 coordinates oestrogen signalling in breast cancer cells.

副題 任意
要約 任意

(英) Approximately 70% of breast cancer cells express oestrogen receptor alpha (ER). Previous studies have shown that the Brefeldin A-inhibited guanine nucleotide-exchange protein 3-prohibitin 2 (BIG3-PHB2) complex has a crucial role in these cells. However, it remains unclear how BIG3 regulates the suppressive activity of PHB2. Here we demonstrate that BIG3 functions as an A-kinase anchoring protein that binds protein kinase A (PKA) and the isoform of the catalytic subunit of protein phosphatase 1 (PP1C), thereby dephosphorylating and inactivating PHB2. E2-induced PKA-mediated phosphorylation of BIG3-S305 and -S1208 serves to enhance PP1C activity, resulting in E2/ER signalling activation via PHB2 inactivation due to PHB2-S39 dephosphorylation. Furthermore, an analysis of independent cohorts of ER-positive breast cancers patients reveal that both BIG3 overexpression and PHB2-S39 dephosphorylation are strongly associated with poor prognosis. This is the first demonstration of the mechanism of E2/ER signalling activation via the BIG3-PKA-PP1C tri-complex in breast cancer cells.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 Nature Communications([Nature Publishing Group])
(eISSN: 2041-1723)
ISSN 任意 2041-1723
ISSN: 2041-1723 (eISSN: 2041-1723)
Title: Nature communications
Title(ISO): Nat Commun
Publisher: Nature Portfolio
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 8
必須 15427
必須 ---
都市 任意
年月日 必須 2017年 5月 30日
URL 任意
DOI 任意 10.1038/ncomms15427    (→Scopusで検索)
PMID 任意 28555617    (→Scopusで検索)
CRID 任意
WOS 任意
Scopus 任意 2-s2.0-85019970677
機関リポジトリ 112449
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) PublicationType: Journal Article