徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Kimura Hitoshi/Mikawa Shiho/Mizuguchi Chiharu/Horie Yuki/Morita Izumi/Oyama Hiroyuki/Ohgita Takashi/[西辻 和親]/Takeuchi Atsuko/Lund-Katz Sissel/Akaji Kenichi/Kobayashi Norihiro/Saito Hiroyuki/Immunochemical Approach for Monitoring of Structural Transition of ApoA-I upon HDL Formation Using Novel Monoclonal Antibodies./[Scientific Reports]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
325153
EOID
933033
Map
0
LastModified
2018年11月29日(木) 11:56:56
Operator
[ADMIN]
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
西辻 和親
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨 国内共著(徳島大学内研究者と国内(学外)研究者との共同研究 (国外研究者を含まない))
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. (英) Kimura Hitoshi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《木村 仁 (Kimura Hitoshi) @ 薬学部 [学部学生] 2011年4月〜2017年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  2. (英) Mikawa Shiho
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《三河 志穂 (Mikawa Shiho) @ 薬科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2015年4月〜2017年3月》
    《三河 志穂 (Mikawa Shiho) @ 薬学部 [科目等履修生] 2017年4月〜2019年3月》
    《三河 志穂 (Mikawa Shiho) @ 薬学部 [学部学生] 2011年4月〜2015年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  3. (英) Mizuguchi Chiharu
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《水口 智晴 (Mizuguchi Chiharu) @ 薬科学教育部.博士後期課程 [大学院学生] 2015年4月〜2018年9月》
    《水口 智晴 (Mizuguchi Chiharu) @ 薬科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2013年4月〜2015年3月》
    《水口 智晴 (Mizuguchi Chiharu) @ 薬学部 [学部学生] 2009年4月〜2013年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  4. (英) Horie Yuki
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《堀江 優希 (Horie Yuki) @ 医学部 [学部学生] 2018年4月〜》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  5. (英) Morita Izumi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《森田 いずみ (Morita Izumi) @ 総合科学部 [学部学生] 2012年4月〜2016年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  6. (英) Oyama Hiroyuki
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. (英) Ohgita Takashi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 西辻 和親
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. (英) Takeuchi Atsuko
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. (英) Lund-Katz Sissel
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  11. (英) Akaji Kenichi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  12. (英) Kobayashi Norihiro
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  13. (英) Saito Hiroyuki
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 斎藤 博幸
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Immunochemical Approach for Monitoring of Structural Transition of ApoA-I upon HDL Formation Using Novel Monoclonal Antibodies.

副題 任意
要約 任意

(英) Apolipoprotein A-I (apoA-I) undergoes a large conformational reorganization during remodeling of high-density lipoprotein (HDL) particles. To detect structural transition of apoA-I upon HDL formation, we developed novel monoclonal antibodies (mAbs). Splenocytes from BALB/c mice immunized with a recombinant human apoA-I, with or without conjugation with keyhole limpet hemocyanin, were fused with P3/NS1/1-Ag4-1 myeloma cells. After the HAT-selection and cloning, we established nine hybridoma clones secreting anti-apoA-I mAbs in which four mAbs recognize epitopes on the N-terminal half of apoA-I while the other five mAbs recognize the central region. ELISA and bio-layer interferometry measurements demonstrated that mAbs whose epitopes are within residues 1-43 or 44-65 obviously discriminate discoidal and spherical reconstituted HDL particles despite their great reactivities to lipid-free apoA-I and plasma HDL, suggesting the possibility of these mAbs to detect structural transition of apoA-I on HDL. Importantly, a helix-disrupting mutation of W50R into residues 44-65 restored the immunoreactivity of mAbs whose epitope being within residues 44-65 against reconstituted HDL particles, indicating that these mAbs specifically recognize the epitope region in a random coil state. These results encourage us to develop mAbs targeting epitopes in the N-terminal residues of apoA-I as useful probes for monitoring formation and remodeling of HDL particles.

キーワード 推奨
発行所 推奨 Nature Publishing Group
誌名 必須 Scientific Reports([Nature Publishing Group])
(eISSN: 2045-2322)
ISSN 任意 2045-2322
ISSN: 2045-2322 (eISSN: 2045-2322)
Title: Scientific reports
Title(ISO): Sci Rep
Publisher: Nature Publishing Group
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 7
必須 1
必須 2988 2988
都市 任意
年月日 必須 2017年 6月 7日
URL 任意
DOI 任意 10.1038/s41598-017-03208-8    (→Scopusで検索)
PMID 任意 28592796    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
機関リポジトリ 112359
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.ELocationID: 10.1038/s41598-017-03208-8

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article