徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Ando Toshinori/[工藤 保誠]/Iizuka Shinji/[常松 貴明]/Umehara Hanako/Shrestha Madhu/Matsuo Toshihiro/Kubo Tadahiko/Shimose Shouji/Arihiro Koji/Ogawa Ikuko/Ochi Mitsuo/Takata Takashi/Ameloblastin induces tumor suppressive phenotype and enhances chemosensitivity to doxorubicin via Src-Stat3 inactivation in osteosarcoma./[Scientific Reports]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
324720
EOID
936533
Map
0
LastModified
2018年12月13日(木) 11:43:23
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
工藤 保誠
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨 国内共著(徳島大学内研究者と国内(学外)研究者との共同研究 (国外研究者を含まない))
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. (英) Ando Toshinori
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 工藤 保誠([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.口腔生命科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Iizuka Shinji
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 常松 貴明([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.口腔分子病態学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Umehara Hanako
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. (英) Shrestha Madhu
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. (英) Matsuo Toshihiro
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. (英) Kubo Tadahiko
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. (英) Shimose Shouji
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. (英) Arihiro Koji
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  11. (英) Ogawa Ikuko
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  12. (英) Ochi Mitsuo
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  13. (英) Takata Takashi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Ameloblastin induces tumor suppressive phenotype and enhances chemosensitivity to doxorubicin via Src-Stat3 inactivation in osteosarcoma.

副題 任意
要約 任意

(英) Ameloblastin (AMBN), the most abundant non-amelogenin enamel matrix protein, plays a role in ameloblast differentiation. Previously, we found that AMBN promoted osteogenic differentiation via the interaction between CD63 and integrin 1, leading to the inactivation of Src; however, how AMBN affects the malignant behavior of osteosarcoma is still unclear. Osteosarcoma affects the bone and is associated with poor prognosis because of the high rate of pulmonary metastases and drug resistance. Here we demonstrated that stable overexpression of AMBN induced apoptosis and suppressed colony formation and cell migration via the inactivation of Src-Stat3 pathway in human osteosarcoma cells. Moreover, AMBN induced chemosensitivity to doxorubicin. Thus, AMBN induced a tumor suppressive phenotype and chemosensitivity to doxorubicin via the AMBN-Src-Stat3 axis in osteosarcoma. Indeed, immunohistochemical expression of AMBN was significantly correlated with better outcome of osteosarcoma patients. Our findings suggest that AMBN can be a new prognostic marker and therapeutic target for osteosarcoma combined with conventional doxorubicin treatment.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 Scientific Reports([Nature Publishing Group])
(eISSN: 2045-2322)
ISSN 任意 2045-2322
ISSN: 2045-2322 (eISSN: 2045-2322)
Title: Scientific reports
Title(ISO): Sci Rep
Publisher: Nature Portfolio
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 7
必須 ---
必須 40187 40187
都市 任意
年月日 必須 2017年 1月 5日
URL 任意
DOI 任意 10.1038/srep40187    (→Scopusで検索)
PMID 任意 28054649    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意 2-s2.0-85008395075
機関リポジトリ 112332
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) PublicationType: Journal Article