徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [藤原 奈津美]/[村上 圭史]/[中尾 允泰]/戸口 宗尚/[湯本 浩通]/[天羽 崇]/[弘田 克彦]/[松尾 敬志]/[佐野 茂樹]/[尾崎 和美]/[三宅 洋一郎]/Novel reuterin-related compounds suppress odour by periodontopathic bacteria/[Oral Diseases]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
324377
EOID
903980
Map
0
LastModified
2018年5月11日(金) 10:56:05
Operator
三宅 洋一郎
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
藤原 奈津美
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 藤原 奈津美([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.口腔保健学系.口腔保健支援学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 村上 圭史([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.口腔微生物学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 中尾 允泰([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.創薬科学系.分子創薬化学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Toguchi Munehisa / (日) 戸口 宗尚 / (読) とぐち むねひさ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  5. 湯本 浩通([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.歯周歯内治療学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 天羽 崇
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 弘田 克彦
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 松尾 敬志
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. 佐野 茂樹([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.創薬科学系.分子創薬化学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. 尾崎 和美([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.口腔保健学系.口腔保健支援学]/[徳島大学.歯学部.口腔保健学科.口腔保健支援学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  11. 三宅 洋一郎
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Novel reuterin-related compounds suppress odour by periodontopathic bacteria

副題 任意
要約 任意

(英) Halitosis is caused by volatile sulphur compounds including methyl mercaptan (CH3 SH) in the oral cavity and is a serious problem that limits interpersonal social communication. The aim of study was to evaluate the effects of reuterin-related compounds (RRCs) on halitosis-related periodontopathic bacteria in vitro. RRC-01, RRC-02 and RRC-03 (32 and 64 g ml(-1) ) in culture media containing Fusobacterium nucleatum JCM8523 and Porphyromonas gingivalis ATCC33277 were used. The effects of RRCs on CH3 SH production and detectable odour by F. nucleatum and P. gingivalis were examined by CH3 SH production assay and organoleptic test, respectively. The number of bacterial cells was also measured using an ATP assay. In P. gingivalis treated with RRCs, the expression of mgl gene, which is responsible for CH3 SH production, was examined by qRT-PCR. CH3 SH production and the score of detectable odour from F. nucleatum and P. gingivalis culture media containing RRCs were significantly lower than that without RRCs (P < 0.05). The expression of mgl gene in P. gingivalis was significantly downregulated by RRC-01 (P < 0.01), but not by RRC-02 or RRC-03. RRCs are potent oral care products for preventing halitosis via reducing CH3 SH production.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 Oral Diseases(Munksgaard)
(pISSN: 1354-523X, eISSN: 1601-0825)
ISSN 任意 1601-0825
ISSN: 1354-523X (pISSN: 1354-523X, eISSN: 1601-0825)
Title: Oral diseases
Title(ISO): Oral Dis
Publisher: Blackwell
 (NLM Catalog  (Wiley  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 23
必須 4
必須 492 497
都市 任意
年月日 必須 2017年 5月 初日
URL 任意
DOI 任意 10.1111/odi.12638    (→Scopusで検索)
PMID 任意 28083982    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意 2-s2.0-85015084211
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.ELocationID: 10.1111/odi.12638

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  3. (英) KeywordList.Keyword: Fusobacterium nucleatum

  4. (英) KeywordList.Keyword: Lactobacillus reuteri

  5. (英) KeywordList.Keyword: Porphyromonas gingivalis

  6. (英) KeywordList.Keyword: halitosis

  7. (英) KeywordList.Keyword: odour

  8. (英) KeywordList.Keyword: reuterin