徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [坂井 隆志]/[劉 莉]/滕 錫川/[石丸 直澄]/坂井 利佳/[チャン ホアンナム]/金 善美/[佐野 暢哉]/[林 良夫]/[梶 龍兒]/[福井 清]/Inflammatory disease and cancer with a decrease in Kupffer cell numbers in Nucling-knockout mice./[International Journal of Cancer]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
324309
EOID
854363
Map
0
LastModified
2017年4月28日(金) 14:27:38
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
チャン ホアンナム
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 疾患酵素学研究センター(2007年4月1日〜2016年3月31日/->組織[徳島大学.先端酵素学研究所.次世代酵素学研究領域])
著者 必須
  1. 坂井 隆志
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 劉 莉([分子酵素学研究センター])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Teng Xichuan / (日) 滕 錫川 / (読) とう しゃくせん
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《滕 錫川 (XICHUAN TENG) @ 医学研究科.博士課程 [大学院学生] 2002年4月〜2006年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  4. 石丸 直澄([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.口腔分子病態学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Mukai-Sakai Rika / (日) 坂井 利佳 / (読) さかい りか
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《坂井 理香 (Sakai Rika) @ 総合科学部 [学部学生] 1996年4月〜2000年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  6. チャン ホアンナム([徳島大学.高等教育研究センター.学修支援部門]/[徳島大学.国際センター])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. (英) Kim Mi Sun / (日) 金 善美 / (読) きむ そんみ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《金 善美 (Kim Mi Sun) @ 医科学教育部.博士課程 [大学院学生] 2008年10月〜2012年9月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  8. 佐野 暢哉
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. 林 良夫
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. 梶 龍兒
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  11. 福井 清([徳島大学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Inflammatory disease and cancer with a decrease in Kupffer cell numbers in Nucling-knockout mice.

副題 任意
要約 任意

(英) Nucling is a stress-inducible protein associated with apoptosomes. The cytochrome c-triggered formation of apoptosomes represents a key-initiating event in apoptosis. We have recently reported that Nucling regulates the apoptotic pathway by controlling the activation of NF-kappaB as well. Here we show that hepatocellular carcinoma (HCC) arising spontaneously against a background of hepatitis occurred more frequently in Nucling-knockout (KO) mice than wild-type (WT) mice. Biochemical serum testing revealed potential liver dysfunction with hypercholesterolemia in Nucling-KO males. In the background of Nucling-KO mice, we observed the up-regulation of TNFalpha, spontaneous NF-kappaB-activation and the induction of galectin-3 expression in liver. In addition, we observed a decrease in the number of Kupffer cells (KCs) in the KO mice. KCs are important for the hepatic immune system, acting as phagocytes or antigen-presenting cells (APCs). We found that KCs in Nucling-KO mice were apoptotic possibly through the up-regulation of TNFalpha. These observations indicate that Nucling is important for the regulation of NF-kappaB signals in liver. We propose that Nucling deficiency could be a powerful tool to reveal the NF-kappaB-related molecular networks leading to hepatitis and HCC development.

キーワード 推奨
  1. (英) Animals
  2. アポトーシス(apoptosis)
  3. (英) Blotting, Western
  4. 四塩化炭素(carbon tetrachloride)
  5. (英) Carcinogens
  6. (英) Carcinoma, Hepatocellular
  7. (英) Electrophoretic Mobility Shift Assay
  8. (英) Flow Cytometry
  9. (英) Hepatitis
  10. 免疫組織化学(immunohistochemistry)
  11. 炎症(inflammation)
  12. (英) Kupffer Cells
  13. (英) Liver Neoplasms
  14. (英) Membrane Proteins
  15. (英) Mice
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] ノックアウトマウス (knockout mice)
  16. ノックアウトマウス(knockout mice)
  17. (英) NF-kappa B
  18. (英) Precancerous Conditions
  19. (英) Reverse Transcriptase Polymerase Chain Reaction
  20. (英) Signal Transduction
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 炎症性サイトカイン受容体の情報伝達 (Signal transduction of proinflammatory cytokine receptors)
    [キーワード] シグナル伝達 (signal transduction)
    [キーワード] 情報伝達 (signal transduction/->キーワード[シグナル伝達])
    [キーワード] 情報伝達機構 (signal transduction)
  21. (英) Tumor Necrosis Factor-alpha
発行所 推奨 国際対ガン連合
誌名 必須 International Journal of Cancer([国際対ガン連合])
(pISSN: 0020-7136, eISSN: 1097-0215)
ISSN 任意 1097-0215
ISSN: 0020-7136 (pISSN: 0020-7136, eISSN: 1097-0215)
Title: International journal of cancer
Title(ISO): Int. J. Cancer
Supplier: Union for International Cancer Control
Publisher: Wiley
 (NLM Catalog  (Wiley  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 126
必須 5
必須 1079 1094
都市 任意 ジュネーブ(Geneva/[スイス連邦])
年月日 必須 2010年 3月 1日
URL 任意
DOI 任意 10.1002/ijc.24789    (→Scopusで検索)
PMID 任意 19637241    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意 2-s2.0-74049095937
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.Affiliation: The Institute for Enzyme Research, The University of Tokushima, Kuramoto-cho, Tokushima, Japan.

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  3. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Research Support, Non-U.S. Gov't