徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [浜田 大輔]/[和田 佳三]/Mikami Hiroshi/Toki Shunichi/[後東 知宏]/[筒井 貴彦]/[高砂 智哉]/[長町 顕弘]/[西良 浩一]/The Posterior Condylar Cartilage Affects Rotational Alignment of the Femoral Component in Varus Knee Osteoarthritis./[The Journal of Medical Investigation : JMI]/[西良 浩一]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
324054
EOID
907082
Map
0
LastModified
2018年5月23日(水) 17:06:44
Operator
[ADMIN]
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
西良 浩一
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 浜田 大輔([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.先端医学教育研究プロジェクト]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.運動機能外科学]/[徳島大学.病院.診療科.感覚·皮膚·運動機能科.整形外科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 和田 佳三([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.連携研究部門(医学域).寄附講座系(医学域).脊椎関節機能再建外科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  3. (英) Mikami Hiroshi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Toki Shunichi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  5. 後東 知宏([徳島大学.病院.中央診療施設等.クリニカルアナトミー教育・研究センター])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 筒井 貴彦
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 高砂 智哉
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  8. 長町 顕弘
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. 西良 浩一([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.運動機能外科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) The Posterior Condylar Cartilage Affects Rotational Alignment of the Femoral Component in Varus Knee Osteoarthritis.

副題 任意
要約 任意

(英) Rotational alignment of the femoral component in total knee arthroplasty (TKA) is important for patellar tracking and ligament balance. Preoperative planning based on radiography might have a potential risk for over-rotation because these X-ray based measurements can not detect asymmetric cartilage wear on posterior condyle. The purpose of this study is to evaluate the effect of the posterior condylar cartilage of varus osteoarthritic knee on rotational alignment of the femoral component in TKA. We established two different condylar twist angles (CTA) from intraoperative multiplanar reconstruction (MPR) images and intraoperative information of navigation system. The CTA measured by a navigation system that includes the cartilage (4.8±2.0°) was smaller than those measured by MPR images, which does not include the cartilage (6.6±2.1°) (p<0.05). The difference between these two angles that corresponds to the remaining posterior condylar cartilage was 1.7±1.2°. This result demonstrated that the posterior condylar cartilage might lead to over-rotational of the femoral component in varus osteoarthritic knee. Therefore, when determining rotational alignment of the femoral component, surgeons should consider the effect of the remaining posterior condylar cartilage to avoid the over-rotation of the femoral component, especially in severe varus knees. J. Med. Invest. 64: 24-29, February, 2016.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 The Journal of Medical Investigation : JMI([徳島大学.医学部])
(pISSN: 1343-1420, eISSN: 1349-6867)
ISSN 任意 1349-6867
ISSN: 1343-1420 (pISSN: 1343-1420, eISSN: 1349-6867)
Title: The journal of medical investigation : JMI
Title(ISO): J Med Invest
Supplier: 徳島大学
Publisher: Tokushima Daigaku Igakubu
 (NLM Catalog  (Webcat Plus  (医中誌Web  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 64
必須 1.2
必須 24 29
都市 任意
年月日 必須 2017年 0月 初日
URL 任意
DOI 任意 10.2152/jmi.64.24    (→Scopusで検索)
PMID 任意 28373624    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
機関リポジトリ 111077
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
  1. 西良 浩一([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.運動機能外科学])
備考 任意
  1. (英) PublicationType: Journal Article