徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 兼松 美幸/森本 雅美/高橋 雅子/[本田 純子]/[坂東 良美]/Moriya Takuya/[田所 由紀子]/[中川 美砂子]/[武知 浩和]/[吉田 卓弘]/[鳥羽 博明]/[吉田 光輝]/梶川 愛一郎/[丹黒 章]/[井本 逸勢]/笹 三徳/Thirty percent of ductal carcinoma in situ of the breast in Japan is extremely low-grade ER(+)/HER2(-) type without comedo necrosis/[The Journal of Medical Investigation : JMI]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
323810
EOID
907139
Map
0
LastModified
2018年5月23日(水) 17:07:13
Operator
[ADMIN]
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
近藤 和也
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨 国内共著(徳島大学内研究者と国内(学外)研究者との共同研究 (国外研究者を含まない))
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. (英) Kanematsu Miyuki / (日) 兼松 美幸
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 兼松 美幸 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.連携研究部門(医学域).寄附講座系(医学域).糖尿病・代謝疾患治療医学]/[徳島大学.病院.診療科.外科.食道・乳腺甲状腺外科])
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《兼松 美幸 () @ 医学部 [学部学生] 2000年4月〜2006年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  2. (英) Morimoto Masami / (日) 森本 雅美
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 森本 雅美 ([徳島大学.病院.診療科.外科.食道・乳腺甲状腺外科])
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Takahashi Masako / (日) 高橋 雅子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《髙橋 正子 (Takahashi Masako) @ 医学部 [学部学生] 2011年4月〜2015年3月》
    《高橋 昌子 (Takahashi Masako) @ 工学部 [学部学生] 2004年4月〜2008年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  4. 本田 純子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 坂東 良美([徳島大学.病院.中央診療施設等.病理部])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. (英) Moriya Takuya
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 田所 由紀子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 中川 美砂子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. 武知 浩和([徳島大学.病院.中央診療施設等.がん診療連携センター])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. 吉田 卓弘([徳島大学.病院.診療科.外科.食道・乳腺甲状腺外科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  11. 鳥羽 博明([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.胸部・内分泌・腫瘍外科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  12. 吉田 光輝([徳島大学.病院.診療科.外科.呼吸器外科]/[徳島大学.病院.診療科.外科.食道・乳腺甲状腺外科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  13. (英) Kajikawa Aiichiro / (日) 梶川 愛一郎
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  14. 丹黒 章([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.胸部・内分泌・腫瘍外科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  15. 井本 逸勢
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  16. (英) Sasa Mitsunori / (日) 笹 三徳
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Thirty percent of ductal carcinoma in situ of the breast in Japan is extremely low-grade ER(+)/HER2(-) type without comedo necrosis

副題 任意
要約 任意

(英) Background Overdiagnosis in mammography (MMG) is a problem. Combination of MMG and ultrasonography for breast cancer screening may increase overdiagnosis. Most cases of overdiagnosis are low-grade ductal carcinoma in situ (LGD), but no reports have focused on them. Materials and methods We immunostained 169 ductal carcinoma in situ (DCIS) cases for ER, PgR, HER2 and Ki67 and classified them into 4 subtypes: ER(+)/HER2(-), ER(+)/HER2(+), ER(-)/HER2(-) and ER(-)/HER2(+). The Ki67 index was used to evaluate the grade of malignancy and examined for correlations with each ER/HER2 subtype and the nuclear grade (NG), with/without comedo necrosis. Results The Ki67 index correlated significantly with NG, both with/without comedo necrosis, and reliably evaluated the grade of malignancy. The index for ER(+)/HER2(-) (n=117, 69.2%) was 7.45±7.10, which was significantly lower than for each of the other types. The index was 5.71±6.94 for ER(+)/HER2(-) without comedo necrosis (n=52, 30.8%), which was significantly lower than with comedo necrosis. This was considered LGD, characterized by absence of microcalcification in MMG and either presence of a solid mass or cystic lesion or absence of hypoechoic areas in ultrasound. Conclusion In Japan, ER(+)/HER2(-) without comedo necrosis accounts for about 30% of DCIS and is LGD. This may be being overdiagnosed. J. Med. Invest. 63: 192-198, August, 2016.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 The Journal of Medical Investigation : JMI([徳島大学.医学部])
(pISSN: 1343-1420, eISSN: 1349-6867)
ISSN 任意 1349-6867
ISSN: 1343-1420 (pISSN: 1343-1420, eISSN: 1349-6867)
Title: The journal of medical investigation : JMI
Title(ISO): J. Med. Invest.
Supplier: 徳島大学
Publisher: Tokushima Daigaku Igakubu
 (NLM Catalog  (Webcat Plus  (医中誌Web  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 63
必須 3-4
必須 192 198
都市 任意
年月日 必須 2016年 0月 初日
URL 任意
DOI 任意 10.2152/jmi.63.192    (→Scopusで検索)
PMID 任意 27644557    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意 2-s2.0-84987887510
機関リポジトリ 111180
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.ELocationID: 10.2152/jmi.63.192

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article