徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [吉田 卓弘]/Kideok Jin/Hong Song/Sunju Park/David L Huso/Zhe Zhang/Han Liangfeng/Charles Zhu/Frank Bruchertseifer/Alfred Morgenstern/George Sgouros/Saraswati Sukumar/Effective Treatment of Ductal Carcinoma In Situ with a HER-2-Targeted Alpha-Particle Emitting Radionuclide in a Preclinical model of Human Breast cancer/[Oncotarget]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
323807
EOID
939704
Map
0
LastModified
2019年3月2日(土) 20:42:00
Operator
[ADMIN]
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
近藤 和也
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨 国際共著(徳島大学内研究者と国外研究機関所属研究者との共同研究)
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 吉田 卓弘([徳島大学.病院.診療科.外科.食道・乳腺甲状腺外科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Kideok Jin
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Hong Song
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Sunju Park
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) David L Huso
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. (英) Zhe Zhang
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《張 福哲 (Zhang Fuzhe) @ 先端技術科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2014年4月〜2016年3月》
    《張 福哲 (Fuzhe Zhang) @ 工学部 [学部学生] 2012年4月〜2014年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  7. (英) Han Liangfeng
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. (英) Charles Zhu
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. (英) Frank Bruchertseifer
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. (英) Alfred Morgenstern
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  11. (英) George Sgouros
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  12. (英) Saraswati Sukumar
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Effective Treatment of Ductal Carcinoma In Situ with a HER-2-Targeted Alpha-Particle Emitting Radionuclide in a Preclinical model of Human Breast cancer

副題 任意
要約 任意

(英) The standard treatment for ductal carcinoma in situ (DCIS) of the breast is surgical resection, followed by radiation. Here, we tested localized therapy of DCIS in mice using the immunoconjugate 225Ac linked-trastuzumab delivered through the intraductal (i.duc) route. Trastuzumab targets HER-2/neu, while the alpha-emitter 225Ac (half-life, 10 days) delivers highly cytotoxic, focused doses of radiation to tumors. Systemic 225Ac, however, elicits hematologic toxicity and at high doses free 213Bi, generated by its decay, causes renal toxicity. I.duc delivery of the radioimmunoconjugate could bypass its systemic toxicity. Bioluminescent imaging showed that the therapeutic efficacy of intraductal 225Ac-trastuzumab (10-40 nCi per mammary gland; 30-120 nCi per mouse) in a DCIS model of human SUM225 cancer cells in NSG mice was significantly higher (p<0.0003) than intravenous (120 nCi per mouse) administration, with no kidney toxicity or loss of body weight. Our findings suggest that i.duc radioimmunotherapy using 225Ac-trastuzumab deserves greater attention for future clinical development as a treatment modality for early breast cancer.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 Oncotarget(Impact Journals)
(eISSN: 1949-2553)
ISSN 任意 1949-2553
ISSN: 1949-2553 (eISSN: 1949-2553)
Title: Oncotarget
Title(ISO): Oncotarget
Publisher: Impact Journals
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 7
必須 22
必須 33306 33315
都市 任意
年月日 必須 2016年 5月 31日
URL 任意
DOI 任意 10.18632/oncotarget.8949    (→Scopusで検索)
PMID 任意 27119227    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意 2-s2.0-84973539295
機関リポジトリ 113045
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.ELocationID: 10.18632/oncotarget.8949

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  3. (英) KeywordList.Keyword: breast cancer

  4. (英) KeywordList.Keyword: ductal carcinoma in situ

  5. (英) KeywordList.Keyword: intraductal

  6. (英) KeywordList.Keyword: radioimmunotherapy

  7. (英) KeywordList.Keyword: trastuzumab

  8. (英) CoiStatement: SS is the inventor of the intraductal method of instillation of agents to treat early breast cancer, and holds several patents. The technology is licensed to Atossa Diagnostics. The other authors declare no potential conflicts of interest.