徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 泉谷 依那/[中野 晋]/安藝 浩資/三好 学/徳島県那賀町和食地区における洪水氾濫時の住民の避難行動とボトルネックの抽出/[土木学会論文集B1(水工学)]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
323767
EOID
897208
Map
0
LastModified
2018年4月12日(木) 14:02:59
Operator
三好 小文
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
中野 晋
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨 国内共著(徳島大学内研究者と国内(学外)研究者との共同研究 (国外研究者を含まない))
学究種別 推奨 博士前期課程学生による研究報告
組織 推奨
  1. 徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.建設創造システム工学コース.環境整備工学講座(2006年4月1日〜)
著者 必須
  1. (英) Izutani Ena / (日) 泉谷 依那 / (読) いずたに えな
    役割 任意 共著
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  2. 中野 晋([徳島大学.環境防災研究センター]/[徳島大学.環境防災研究センター.防災研究部門]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.防災科学講座])
    役割 任意 共著
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Aki Hiroshi / (日) 安藝 浩資 / (読) あき ひろし
    役割 任意 共著
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Miyoshi Manabu / (日) 三好 学 / (読) みよし まなぶ
    役割 任意 共著
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) VERIFICATION OF EVACUATION PRCOSESS AND BOTTLENECKS OF EVACUATION BEHABIOR DURING FLOOD INUNDATION IN NAKA TOWN

(日) 徳島県那賀町和食地区における洪水氾濫時の住民の避難行動とボトルネックの抽出

副題 任意
要約 任意

(英) Appropriate and timely evacuation actions are important to avoid becoming victims of flood. In order to help people from flood areas to take evacuation actions, we carried out inundation analyses under the rainfall conditions induced by Typhoon No.11 both in 2014 and in 2015 and interviewed to residents in Naka town who suffered from the flood. It is shown that the bottlenecks of evacuation behavior are influenced by past flood experiences and insufficient understanding of flood risks. In order to make proper and timely evacuation, it is effective to share the knowledge with experts, evacuation drills and to show the risk of not evacuating.

(日) 洪水災害で犠牲にならないために早期の積極的かつ適切な避難行動が求められるが,実際に避難行動をする住民は多くない.地形や環境条件によって被害の様相が異なる洪水災害には地域差があり,適切な避難行動を促進する方策を一般論で語ることは難しい.本研究では徳島県那賀町和食地区を対象とし,洪水氾濫解析及び住民への聞き取り調査を実施した.2014年台風11号及び2015年台風11号における浸水の様相と住民の避難行動を検証した.住民避難を妨げる要因には,浸水経験による慣れ,不十分なリスク理解,正常性バイアスの作用などがあることを示した.これを防ぐためには専門家と知識を共有するための防災研修や避難訓練を通して,避難しないことのリスクについての理解を図ることが重要である.

キーワード 推奨
  1. (英) flood inundation / (日) 洪水氾濫 / (読) こうずいはんらん
  2. (英) evacuation / (日) 避難 / (読) ひなん
  3. (英) the Naka River / (日) 那賀川 / (読) なかがわ
  4. (英) bottleneck / (日) ボトルネック / (読) ぼとるねっく
  5. (英) CED process / (日) CFD過程 / (読) しーえふでひかてい
発行所 推奨 社団法人 土木學會
誌名 必須 土木学会論文集B1(水工学)([社団法人 土木學會])
(resolved by 2185-467X)
ISSN: 2185-467X (eISSN: 2185-467X)
Title: 土木学会論文集B1(水工学)
Supplier: 公益社団法人 土木学会
Publisher: Japan Society of Civil Engineers
 (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)
ISSN 任意
必須 73
必須 4
必須 I_1309 I_1314
都市 任意
年月日 必須 2017年 2月 20日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意