徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 武原 正典/[六車 直樹]/[北村 晋志]/[木村 哲夫]/[岡本 耕一]/[宮本 弘志]/[坂東 良美]/[高山 哲治]/Twin Rectal Tonsils Mimicking Carcinoid or Mucosa-Associated Lymphoid Tissue Lymphoma./[Clinical Endoscopy]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
323281
EOID
895451
Map
0
LastModified
2018年3月29日(木) 12:50:45
Operator
六車 直樹
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
高山 哲治
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨 学内共著(徳島大学内研究者との共同研究 (学外研究者を含まない))
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. (英) Takehara Masanori / (日) 武原 正典 / (読) たけはら まさのり
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  2. 六車 直樹
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 北村 晋志([徳島大学.病院.先端医科医療開発研究プロジェクト]/[徳島大学.病院.診療科.内科.消化器内科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 木村 哲夫
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 岡本 耕一([徳島大学.病院.診療科.内科.消化器内科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 宮本 弘志([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.先端医学教育研究プロジェクト]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.消化器内科学]/[徳島大学.病院.診療科.内科.消化器内科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 坂東 良美([徳島大学.病院.中央診療施設等.病理部])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 高山 哲治([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.消化器内科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Twin Rectal Tonsils Mimicking Carcinoid or Mucosa-Associated Lymphoid Tissue Lymphoma.

副題 任意
要約 任意

(英) The rectal tonsil is a rare polypoid lesion exclusively found in the rectum and is considered a reactive proliferation of the lymphoid tissue. Although this lesion is benign, we recommend that it should be differentiated from carcinoid or polypoid type of mucosaassociated lymphoid tissue (MALT) lymphomas, based on gross findings. In this case report, we describe a case of rectal lesions with a unique appearance in a 41-year-old man. Colonoscopy revealed two 5-mm-sized nodules located opposite from each other on the left and right sides of the lower rectum. Endoscopic mucosal resection was conducted. Histopathologically, both lesions were mainly located in the submucosa and consisted of prominent lymphoid follicles with germinal centers of various sizes. No immunoreactivity of Bcl-2 was seen in the germinal centers. Immunohistochemical staining for kappa and lambda light chains revealed a polyclonal pattern. Therefore, these lesions were diagnosed as rectal tonsils.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 Clinical Endoscopy(Taehan Sohwagi Naesigyŏng Hakhoe)
(pISSN: 2234-2400, eISSN: 2234-2443)
ISSN 任意 2234-2400
ISSN: 2234-2400 (pISSN: 2234-2400, eISSN: 2234-2443)
Title: Clinical endoscopy
Title(ISO): Clin Endosc
Publisher: Korean Society of Gastrointestinal Endoscopy
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 50
必須 5
必須 500 503
都市 任意
年月日 必須 2017年 9月 初日
URL 任意
DOI 任意 10.5946/ce.2016.157    (→Scopusで検索)
PMID 任意 28241409    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意 2-s2.0-85030241581
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.ELocationID: 10.5946/ce.2016.157

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  3. (英) KeywordList.Keyword: Endoscopic procedure

  4. (英) KeywordList.Keyword: Histopathology

  5. (英) KeywordList.Keyword: Lymphoid hyperplasia

  6. (英) KeywordList.Keyword: Rectal neoplasia

  7. (英) KeywordList.Keyword: Submucosal tumor