徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 三宅 剛史/[松本 和幸]/[吉田 稔]/[北 研二]/分散表現を用いた有害表現判別に基づく炎上予測/人工知能学会インタラクティブ情報アクセスと可視化マイニング研究会(第15回)

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
322986
EOID
849198
Map
0
LastModified
2017年3月6日(月) 12:37:30
Operator
松本 和幸
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
松本 和幸
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 国内講演発表
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨 単独著作(徳島大学内の単一の研究グループ(研究室等)内の研究 (単著も含む))
学究種別 推奨 学士課程学生による研究報告
組織 推奨
著者 必須
  1. (英) Takeshi Miyake / (日) 三宅 剛史 / (読) みやけ たけし
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 松本 和幸([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.情報工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 吉田 稔([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.情報工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 北 研二([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.情報工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Flame prediction based on harmful expression judgement using distributed representation

(日) 分散表現を用いた有害表現判別に基づく炎上予測

副題 任意
要約 任意

(英) In recent years, flaming on social media has been a problem. To avoid flaming, it is useful for the system to automatically check the sentences whether they include the expressions that are likely to trigger flaming or not before posting messages. In this research, we target two harmful expressions. There are insulting expressions and the expressions that are likely to cause a quarrel. Firstly, we constructed a harmful expression dictionary. Because a large cost requires to collect the expressions manually, we constructed the dictionary semi-automatically by using word distributed representations. The proposed method used distributed representations of the harmful expressions and general expressions as features, and constructed a classier of harmful/general based on those features. An evaluation experiment found that the proposed method could extract harmful expressions with accuracy of approx. 70%. On the other hand, it was found that the proposed method could also extract unknown expressions, however, it wrongly extracted non-harmful expressions at a rate of approx. 40%.

キーワード 推奨
  1. (英) harmful expression / (日) 有害表現
  2. (英) distributed representation / (日) 分散表現
  3. (英) Support Vector Machine / (日) サポートベクターマシン
  4. (英) Flame prediction / (日) 炎上予測
発行所 推奨 社団法人 人工知能学会
誌名 必須 (日) 人工知能学会インタラクティブ情報アクセスと可視化マイニング研究会(第15回)
ISSN 任意
必須 ---
必須 ---
必須 1 6
都市 必須
年月日 必須 2017年 3月 4日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意