徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [佐藤 紀]/[谷口 貴子]/[合田 有一郎]/[小坂 浩史]/Higashino Kosaku/[酒井 紀典]/[加藤 真介]/[安井 夏生]/[西良 浩一]/[谷口 寿章]/Proteomic Analysis of Human Tendon and Ligament: Solubilization and Analysis of Insoluble Extracellular Matrix in Connective Tissues./[Journal of Proteome Research]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
322463
EOID
853624
Map
0
LastModified
2017年4月20日(木) 12:24:09
Operator
西良 浩一
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
西良 浩一
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 佐藤 紀([徳島大学.病院.中央診療施設等.リハビリテーション部])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 谷口 貴子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 合田 有一郎
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 小坂 浩史
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Higashino Kosaku
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 酒井 紀典([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.運動機能外科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 加藤 真介([徳島大学.病院.中央診療施設等.リハビリテーション部])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 安井 夏生
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. 西良 浩一([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.運動機能外科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. 谷口 寿章
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Proteomic Analysis of Human Tendon and Ligament: Solubilization and Analysis of Insoluble Extracellular Matrix in Connective Tissues.

副題 任意
要約 任意

(英) Connective tissues such as tendon, ligament and cartilage are mostly composed of extracellular matrix (ECM). These tissues are insoluble, mainly due to the highly cross-linked ECM proteins such as collagens. Difficulties obtaining suitable samples for mass spectrometric analysis render the application of modern proteomic technologies difficult. Complete solubilization of them would not only elucidate protein composition of normal tissues but also reveal pathophysiology of pathological tissues. Here we report complete solubilization of human Achilles tendon and yellow ligament, which is achieved by chemical digestion combined with successive protease treatment including elastase. The digestion mixture was subjected to liquid chromatography-mass spectrometry. The low specificity of elastase was overcome by accurate mass analysis achieved using FT-ICR-MS. In addition to the detailed proteome of both tissues, we also quantitatively determine the major protein composition of samples, by measuring peak area of some characteristic peptides detected in tissue samples and in purified proteins. As a result, differences between human Achilles tendon and yellow ligament were elucidated at molecular level.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 Journal of Proteome Research([アメリカ化学会])
(pISSN: 1535-3893, eISSN: 1535-3907)
ISSN 任意 1535-3907
ISSN: 1535-3893 (pISSN: 1535-3893, eISSN: 1535-3907)
Title: Journal of proteome research
Title(ISO): J. Proteome Res.
Publisher: American Chemical Society
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 15
必須 12
必須 4709 4721
都市 任意
年月日 必須 2016年 10月 26日
URL 任意
DOI 任意 10.1021/acs.jproteome.6b00806    (→Scopusで検索)
PMID 任意 27748110    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) PublicationType: Journal Article