徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Mineta Kazuaki/[鈴江 直人]/[松浦 哲也]/[西良 浩一]/Efficacy of Achilles Suture Bridge Technique for Insertional Achilles Tendinosis in an Obese and Athletic Patient./[The Journal of Medical Investigation : JMI]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
322414
EOID
907155
Map
0
LastModified
2018年5月23日(水) 17:07:22
Operator
[ADMIN]
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
西良 浩一
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. (英) Mineta Kazuaki
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《峯田 和明 (Mineta Kazuaki) @ 医科学教育部.博士課程 [大学院学生] 2015年4月〜2019年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  2. 鈴江 直人
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 松浦 哲也([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.連携研究部門(医学域).寄附講座系(医学域).脊椎関節機能再建外科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 西良 浩一([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.運動機能外科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Efficacy of Achilles Suture Bridge Technique for Insertional Achilles Tendinosis in an Obese and Athletic Patient.

副題 任意
要約 任意

(英) Here, we report the efficacy of the suture bridge technique for treating insertional Achilles tendinosis in an obese and athletic patient. A 48-year-old man presented to our department with a 6-month history of left posterior heel pain. The patient was an athlete (triathlon) and appeared obese (height: 197 cm, body weight: 120 kg, body mass index: 30.9). A diagnosis of insertional Achilles tendinosis was made. Because 6 months of conservative treatments had failed, we performed open resection of the calcaneal exostosis and Haglund's deformity along with debridement of the degenerative tissue of the tendon. Wide detachment of the insertion of the Achilles tendon was necessary, and reattachment of the tendon was performed using the Arthrex SpeedBridge(TM) system (Arthrex, Inc., Naples, FL). Six weeks postoperatively, this patient was allowed to walk with full weight bearing. Twelve weeks after surgery, this patient started jogging with neither pain nor evidence of Achilles tendon rupture. The suture bridge technique was effective for the reconstruction of the Achilles tendon in an obese and athletic patient. J. Med. Invest. 63: 310-314, August, 2016.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 The Journal of Medical Investigation : JMI([徳島大学.医学部])
(pISSN: 1343-1420, eISSN: 1349-6867)
ISSN 任意 1349-6867
ISSN: 1343-1420 (pISSN: 1343-1420, eISSN: 1349-6867)
Title: The journal of medical investigation : JMI
Title(ISO): J. Med. Invest.
Supplier: 徳島大学
Publisher: Tokushima Daigaku Igakubu
 (NLM Catalog  (Webcat Plus  (医中誌Web  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 63
必須 3-4
必須 310 314
都市 任意
年月日 必須 2016年 0月 初日
URL 任意
DOI 任意 10.2152/jmi.63.310    (→Scopusで検索)
PMID 任意 27644578    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
機関リポジトリ 111200
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) PublicationType: Journal Article