徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Kimura Tetsuya/[酒井 紀典]/[手束 文威]/[阿部 光伸]/Yamashita Kazuta/[髙田 洋一郎]/[東野 恒作]/[西良 浩一]/Compression Myelopathy due to Proliferative Changes around C2 Pars Defects without Instability./[Asian Spine Journal]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
322412
EOID
845484
Map
0
LastModified
2017年1月30日(月) 16:57:31
Operator
西良 浩一
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
西良 浩一
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. (英) Kimura Tetsuya
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 酒井 紀典([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.連携研究部門(医学域).寄附講座系(医学域).地域運動器・スポーツ医学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 手束 文威([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.先端医学教育研究プロジェクト]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.運動機能外科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 阿部 光伸
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Yamashita Kazuta
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 髙田 洋一郎
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 東野 恒作
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 西良 浩一([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.運動機能外科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Compression Myelopathy due to Proliferative Changes around C2 Pars Defects without Instability.

副題 任意
要約 任意

(英) We report a case with compression myelopathy due to proliferative changes around the C2 pars defects without instability. A 69-year-old man presented with progressive clumsy hands and spastic gait. Plain radiographs showed bilateral spondylolysis (pars defects) at C2 and fusion between C2 and C3 spinous processes. Dynamic views revealed mobility through the pars defects, but there was no apparent instability. Computed tomography showed proliferative changes at the pars defects, which protruded into spinal canal. On magnetic resonance imaging, the spinal cord was compressed and intramedullary high signal change was found. A diagnosis of compression myelopathy due to proliferative changes around the C2 pars defects was made. We performed posterior decompression. Postoperatively, symptoms have been alleviated and images revealed sufficient decompression and no apparent instability. In patients with the cervical spondylolysis, myelopathy caused by instability or slippage have been periodically reported. The present case involving C2 spondylolysis is extremely rare.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 Asian Spine Journal(Korean Society of Spine Surgery)
(pISSN: 1976-1902, eISSN: 1976-7846)
ISSN 任意 1976-1902
ISSN: 1976-1902 (pISSN: 1976-1902, eISSN: 1976-7846)
Title: Asian spine journal
Title(ISO): Asian Spine J
Publisher: Korean Society of Spine Surgery
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 10
必須 3
必須 565 569
都市 任意
年月日 必須 2016年 6月 16日
URL 任意
DOI 任意 10.4184/asj.2016.10.3.565    (→Scopusで検索)
PMID 任意 27340539    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) PublicationType: Journal Article