徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [酒井 紀典]/[手束 文威]/[阿部 光伸]/[山下 一太]/[髙田 洋一郎]/[東野 恒作]/[長町 顕弘]/[西良 浩一]/Pediatric Patient with Incidental Os Odontoideum Safely Treated with Posterior Fixation Using Rod-Hook System and Preoperative Planning Using 3D Printer: A Case Report./[Journal of Neurological Surgery. Part A, Central European Neurosurgery]/[西良 浩一]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
322409
EOID
903653
Map
0
LastModified
2018年5月9日(水) 16:17:56
Operator
西良 浩一
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
西良 浩一
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 酒井 紀典([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.連携研究部門(医学域).寄附講座系(医学域).地域運動器・スポーツ医学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 手束 文威([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.先端医学教育研究プロジェクト]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.運動機能外科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  3. 阿部 光伸
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 山下 一太([徳島大学.病院.診療科.感覚·皮膚·運動機能科.整形外科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  5. 髙田 洋一郎
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 東野 恒作
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 長町 顕弘
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 西良 浩一([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.運動機能外科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Pediatric Patient with Incidental Os Odontoideum Safely Treated with Posterior Fixation Using Rod-Hook System and Preoperative Planning Using 3D Printer: A Case Report.

副題 任意
要約 任意

(英) Os odontoideum is often found incidentally. Surgical treatment is recommended for patients with atlantoaxial instability or neurologic deficits. Although various techniques have been used for C1-C2 fusion in adults, the use of these procedures in children is not widely accepted. We present a 12-year-old boy with incidental os odontoideum and obvious C1-C2 instability, in which bony union was achieved safely and successfully by posterior fixation using a rod-hook system and perioperative planning using a three-dimensional printer. At the 2-year follow-up, bone formation around the gap of the dens, which has been generally considered as pseudoarthrosis, was obtained after union of the posterior element of C1-C2.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 Journal of Neurological Surgery. Part A, Central European Neurosurgery(Deutsche Gesellschaft für Neurochirurgie/Berufsverband Deutscher Neurochirurgen)
(pISSN: 2193-6315, eISSN: 2193-6323)
ISSN 任意 2193-6323
ISSN: 2193-6315 (pISSN: 2193-6315, eISSN: 2193-6323)
Title: Journal of neurological surgery. Part A, Central European neurosurgery
Title(ISO): J Neurol Surg A Cent Eur Neurosurg
Publisher: Georg Thieme Verlag KG
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 78
必須 3
必須 306 309
都市 任意
年月日 必須 2017年 5月 初日
URL 任意
DOI 任意 10.1055/s-0036-1584211    (→Scopusで検索)
PMID 任意 27246991    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意 2-s2.0-84976259401
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
  1. 西良 浩一([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.運動機能外科学])
備考 任意
  1. (英) PublicationType: Journal Article