徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 今井 洋斗/喜多 郁弥/生杉 笙/阿部 正美/曽我部 静香/Nishimura-Danjobara Yumiko/[三浦 哉]/[小山 保夫]/Cetylpyridinium chloride at sublethal levels increases the susceptibility of rat thymic lymphocytes to oxidative stress/[Chemosphere]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
321746
EOID
923790
Map
0
LastModified
2018年8月29日(水) 15:38:32
Operator
[ADMIN]
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
小山 保夫
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨 国内共著(徳島大学内研究者と国内(学外)研究者との共同研究 (国外研究者を含まない))
学究種別 推奨 博士前期課程学生による研究報告
組織 推奨
  1. 徳島大学.総合科学教育部.地域科学専攻.環境共生分野(2009年4月1日〜)
  2. 徳島大学.総合科学教育部.地域科学専攻.地域創生分野(2009年4月1日〜)
  3. 食料科学分野(2016年4月1日〜2017年3月31日)
著者 必須
  1. (英) Imai Hiroto / (日) 今井 洋斗 / (読) いまい ひろと
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  2. (英) Kita Fumiya / (日) 喜多 郁弥 / (読) きた ふみや
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  3. (英) Ikesugi Sho / (日) 生杉 笙 / (読) いけすぎ しょう
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  4. (英) Abe Masami / (日) 阿部 正美 / (読) あべ まさみ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  5. (英) Sogabe Shizuka / (日) 曽我部 静香 / (読) そがべ しずか
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  6. (英) Nishimura-Danjobara Yumiko
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 三浦 哉([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.人間科学系.スポーツ健康分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.心身健康コース])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 小山 保夫
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Cetylpyridinium chloride at sublethal levels increases the susceptibility of rat thymic lymphocytes to oxidative stress

副題 任意
要約 任意

(英) Cetylpyridinium chloride (CPC) is an antimicrobial agent used in many personal care products, with subsequent release into the environment. Since CPC is found at low concentrations in river and municipal wastewater, its influence on wildlife is of concern. Therefore, in this study, we used flow cytometry to examine the effects of sublethal concentrations of CPC on rat thymic lymphocytes in order to characterize the cellular actions of CPC at low concentrations in the presence and absence of H2O2-induced oxidative stress. CPC treatment increased the population of living cells with phosphatidylserine exposed on the outer surface of their plasma membranes (a marker of early stage apoptosis), elevated intracellular Zn2+ levels, and decreased the cellular content of nonprotein thiols. CPC also potentiated the cytotoxicity of H2O2. Our results suggest that, even at environmentally relevant sublethal concentrations, CPC exerts cytotoxic effects under oxidative stress conditions by increasing intracellular Zn2+ concentration and decreasing the cellular content of nonprotein thiols. These findings indicate that, under some in vitro conditions, CPC is bioactive at environmentally relevant concentrations. Therefore, CPC release from personal care products into the environment may need to be regulated to avoid its adverse effects on wildlife.

キーワード 推奨
発行所 推奨 Elsevier(->組織[Elsevier Science])
誌名 必須 Chemosphere([Elsevier])
(pISSN: 0045-6535, eISSN: 1879-1298)
ISSN 任意 0045-6535
ISSN: 0045-6535 (pISSN: 0045-6535, eISSN: 1879-1298)
Title: Chemosphere
Title(ISO): Chemosphere
Publisher: Elsevier Ltd.
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 170
必須 ---
必須 118 123
都市 任意 アムステルダム(Amsterdam/[オランダ王国])
年月日 必須 2017年 1月 30日
URL 任意
DOI 任意 10.1016/j.chemosphere.2016.12.023    (→Scopusで検索)
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意 2-s2.0-85003976968
機関リポジトリ 111974
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意