徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 川上 翔/[森 篤史]/Nagashima Ken/[原口 雅宣]/[岡本 敏弘]/Hybrid plasmonic-photonic crystal formed on gel-immobilized colloidal crystal via solvent substitution/[Journal of Crystal Growth]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
321604
EOID
904207
Map
0
LastModified
2018年5月11日(金) 18:56:19
Operator
岡本 敏弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
森 篤史
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.先端技術科学教育部(2006年4月1日〜)
  2. 徳島大学.大学院ソシオテクノサイエンス研究部.先進物質材料部門(2006年4月1日〜)
  3. 北海道大学
  4. 徳島大学.大学院ソシオテクノサイエンス研究部.エコシステムデザイン部門(2006年4月1日〜)
著者 必須
  1. (英) Kawakami Sho / (日) 川上 翔 / (読) かわかみ しょう
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  2. 森 篤史
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Nagashima Ken
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 原口 雅宣([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.光応用系.光機能材料分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.光機能材料講座]/[徳島大学.ポストLEDフォトニクス研究所])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 岡本 敏弘([徳島大学.ポストLEDフォトニクス研究所]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.光機能材料講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Hybrid plasmonic-photonic crystal formed on gel-immobilized colloidal crystal via solvent substitution

副題 任意
要約 任意

(英) Gel-immobilized colloidal crystals were prepared to obtain hybrid plasmonic-photonic crystals, in which electric field enhancement to a greater extent than that due to localized surface plasmons (LSP) alone was expected due to coupling between LSP and the photonic band. Polystyrene colloidal crystals immobilized by the N-(hydroxymethyl)acrylamide gel were immersed in an aqueous dispersion of gold nanoparticles (AuNPs). Then, the gel-immobilized colloidal crystals were picked out and immersed in an ionic liquid mixture. The surfaces of the gel-immobilized colloidal crystals immersed in the AuNP dispersion were observed via scanning electron microscopy after this solvent substitution. The lattice spacing of the colloidal crystal varied as the composition of the ionic liquid mixture was changed. The composition was determined so that the photonic band gap wavelength coincided with the LSP wavelength. Further, the reflection spectra were measured. Thus, we successfully prepared a hybrid plasmonic-photonic crystal.

キーワード 推奨
発行所 推奨 Elsevier Science
誌名 必須 Journal of Crystal Growth([Elsevier])
(pISSN: 0022-0248)
ISSN 任意 0022-0248
ISSN: 0022-0248 (pISSN: 0022-0248)
Title: Journal of crystal growth
Title(ISO): J Cryst Growth
Publisher: Elsevier BV
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 468
必須 1
必須 740 743
都市 任意 アムステルダム(Amsterdam/[オランダ王国])
年月日 必須 2017年 6月 15日
URL 任意 http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0022024816308351
DOI 任意 10.1016/j.jcrysgro.2016.11.114    (→Scopusで検索)
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意