徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 濱谷 沙世/[友竹 正人]/[武田 知也]/[亀岡 尚美]/[川端 正志]/[久保 弘子]/[多田 幸雄]/[富岡 有紀子]/[渡部 真也]/[大森 哲郎]/Impaired social cognition in anorexia nervosa patients/[Neuropsychiatric Disease and Treatment]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
321296
EOID
927773
Map
0
LastModified
2018年10月16日(火) 14:43:55
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
友竹 正人
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨 学内共著(徳島大学内研究者との共同研究 (学外研究者を含まない))
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. (英) Hamatani Sayo / (日) 濱谷 沙世 / (読) はまたに さよ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  2. 友竹 正人([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.保健科学部門.看護学系.メンタルヘルス支援学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 武田 知也([徳島大学.病院.診療科.脳·神経·精神科.精神科神経科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  4. 亀岡 尚美
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 川端 正志
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 久保 弘子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  7. 多田 幸雄
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 富岡 有紀子([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.先端臨床医学教育研究プロジェクト]/[徳島大学.病院.診療科.脳·神経·精神科.精神科神経科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  9. 渡部 真也
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. 大森 哲郎([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.精神医学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Impaired social cognition in anorexia nervosa patients

副題 任意
要約 任意

(英) The purpose of this study was to investigate the characteristics of social cognition in patients with anorexia nervosa (AN). Eighteen female patients with AN (mean age =35.4±8.6 years) and 18 female healthy controls (HC) (mean age =32.8±9.4 years) participated in the study. Their social cognition was assessed with the Social Cognition Screening Questionnaire (SCSQ). The results showed that total score of the SCSQ and scores of theory of mind and metacognition were significantly lower in AN group than those in HC group. Moreover, significant differences in theory of mind, metacognition, and total score of the SCSQ remained when the effects of depression, anxiety, and starvation were eliminated statistically. These results suggest that patients with AN may have difficulty inferring other people's intention and also monitoring and evaluating their own cognitive activities. Therefore, these features may explain some aspects of the pathology of AN.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 Neuropsychiatric Disease and Treatment([International Neuropsychiatric Association])
(pISSN: 1176-6328, eISSN: 1178-2021)
ISSN 任意 1176-6328
ISSN: 1176-6328 (pISSN: 1176-6328, eISSN: 1178-2021)
Title: Neuropsychiatric disease and treatment
Title(ISO): Neuropsychiatr Dis Treat
Publisher: Dove Medical Press Ltd
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 12
必須 ---
必須 2527 2531
都市 任意
年月日 必須 2016年 10月 5日
URL 任意
DOI 任意 10.2147/NDT.S116521    (→Scopusで検索)
PMID 任意 27785029    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意 000384637800001
Scopus 任意 2-s2.0-84991583740
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (日) 「国際会議」として別データ有り EID=326126

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  3. (英) KeywordList.Keyword: anorexia nervosa

  4. (英) KeywordList.Keyword: metacognition

  5. (英) KeywordList.Keyword: social cognition

  6. (英) KeywordList.Keyword: theory of mind