徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 永廣 卓哉/三栖 央頌/新田 真也/[]/[加藤 雅裕]/加藤 裕樹/二宮 航/[杉山 茂]/Effects of Acidic-basic Properties on Catalytic Activity for the Oxidative Dehydrogenation of Isobutane on Calcium Phosphates, Doped and Undoped with Chromium/[Journal of Chemical Engineering of Japan]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
320076
EOID
895189
Map
0
LastModified
2018年3月28日(水) 11:58:48
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
杉山 茂
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨 国内共著(徳島大学内研究者と国内(学外)研究者との共同研究 (国外研究者を含まない))
学究種別 推奨 博士後期課程学生による研究報告
組織 推奨
  1. 徳島大学.先端技術科学教育部.物質生命システム工学専攻.化学機能創生コース.化学プロセス工学講座(2012年4月1日〜)
  2. 徳島大学.大学院理工学研究部.理工学部門.応用化学系.化学プロセス工学分野(2016年4月1日〜2017年3月31日)
  3. 徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.フロンティア研究センター.資源循環研究部門.環境エネルギー創生分野(〜2018年3月31日)
著者 必須
  1. (英) Ehiro Takuya / (日) 永廣 卓哉 / (読) えひろ たくや
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  2. (英) Misu Hisanobu / (日) 三栖 央頌 / (読) みす ひさのぶ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  3. (英) Nitta Shinya / (日) 新田 真也 / (読) にった しんや
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  4. (no caption; EID=309336)
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 加藤 雅裕([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.化学プロセス工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.化学プロセス工学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. (英) Katou Yuuki / (日) 加藤 裕樹 / (読) かとう ゆうき
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. (英) Ninomiya Wataru / (日) 二宮 航 / (読) にのみや わたる
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 杉山 茂([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.化学プロセス工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.化学プロセス工学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Effects of Acidic-basic Properties on Catalytic Activity for the Oxidative Dehydrogenation of Isobutane on Calcium Phosphates, Doped and Undoped with Chromium

副題 任意
要約 任意

(英) The catalytic activities of calcium hydroxyapatite (HAp) and β-type tricalcium phosphate (β-TCP) were examined for their use in the oxidative dehydrogenation (ODH) of isobutane. β-TCP was catalytically inactive for the ODH of isobutane, but stoichiometric HAp returned a high isobutene yield (5.6%). The isobutane conversion and isobutene selectivity of HAp depended on the atomic ratio of Ca/P. HAp with a Ca/P = 1.67 showed the highest levels for both isobutene selectivity and isobutene yield from among HAp catalysts with different Ca/P ratios. Based on a characterization of the acidic-basic properties, it was evident that these acidic-basic properties affect the catalytic performance of HAp, and that its basicity is necessary for high catalytic activity. To improve the catalytic activities of calcium phosphates, they were impregnated with Cr. Despite a much lower surface area for β-TCP, Cr-impregnated β-TCP showed a higher isobutene yield (up to 8.4%) than that of Cr-impregnated HAp. The results of the XPS measurement showed that the Cr3+ species on calcium phosphates, together with the basicity, worked as active sites in the ODH of isobutane.

キーワード 推奨
  1. (英) Oxidative Dehydrogenation
  2. (英) Isobutane
  3. (英) Calcium Hydroxyapatite
  4. (英) Acidic property
  5. (英) Basic property
発行所 推奨 社団法人 化学工学会
誌名 必須 Journal of Chemical Engineering of Japan([社団法人 化学工学会])
(pISSN: 0021-9592, eISSN: 1881-1299)
ISSN 任意 0021-9592
ISSN: 0021-9592 (pISSN: 0021-9592, eISSN: 1881-1299)
Title: JOURNAL OF CHEMICAL ENGINEERING OF JAPAN
Supplier: 公益社団法人 化学工学会
Publisher: Society of Chemical Engineers Japan
 (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 50
必須 2
必須 122 131
都市 任意 東京(Tokyo/[日本国])
年月日 必須 2017年 2月 20日
URL 任意
DOI 任意 10.1252/jcej.16we217    (→Scopusで検索)
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意 000394581000007
Scopus 任意 2-s2.0-85014537470
機関リポジトリ 110026
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意