徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Hashimoto Rie/Sakai Atsuko/Murayama Masumi/Ochi Arisa/[安倍 知紀]/[平坂 勝也]/Ohno Ayako/Teshima-Kondo Shigetada/[楊河 宏章]/[安井 夏生]/Inatsugi Mikiko/Doi Daisuke/Takeda Masanori/[向井 理恵]/[寺尾 純二]/[二川 健]/Effects of dietary soy protein on skeletal muscle volume and strength in humans with various physical activities/[The Journal of Medical Investigation : JMI]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
319458
EOID
907219
Map
0
LastModified
2018年5月23日(水) 17:07:55
Operator
[ADMIN]
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
向井 理恵
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. (英) Hashimoto Rie
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《橋本 理恵 (Hashimoto Rie) @ 栄養生命科学教育部.博士後期課程 [大学院学生] 2012年4月〜2015年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  2. (英) Sakai Atsuko
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《坂井 敦子 (Sakai Atsuko) @ 栄養生命科学教育部.博士後期課程 [大学院学生] 2010年4月〜2017年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  3. (英) Murayama Masumi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《村山 万純 (Murayama Masumi) @ 医学部 [学部学生] 2010年4月〜2014年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  4. (英) Ochi Arisa
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《越智 ありさ (Ochi Arisa) @ 栄養生命科学教育部.博士後期課程 [大学院学生] 2012年4月〜2015年3月》
    《越智 ありさ (Ochi Arisa) @ 栄養生命科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2010年4月〜2012年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  5. 安倍 知紀
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 平坂 勝也
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. (英) Ohno Ayako
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. (英) Teshima-Kondo Shigetada
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. 楊河 宏章([徳島大学.病院.中央診療施設等.臨床試験管理センター])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. 安井 夏生
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  11. (英) Inatsugi Mikiko
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《稲次 美樹子 (Inatsugi Mikiko) @ 医学研究科.博士課程 [大学院学生] 2005年4月〜2005年11月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  12. (英) Doi Daisuke
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《土居 大介 (Doi Daisuke) @ 医学部 [学部学生] 2008年4月〜2014年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  13. (英) Takeda Masanori
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  14. 向井 理恵([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.食料科学系.食料科学分野])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  15. 寺尾 純二
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  16. 二川 健([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.栄養科学部門.医科栄養学系.生体栄養学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Effects of dietary soy protein on skeletal muscle volume and strength in humans with various physical activities

副題 任意
要約 任意

(英) Background: In recent years, the number of bedridden people is rapidly increasing due to aging or lack of exercise in Japan. This problem is becoming more serious, since there is no countermeasure against it. In the present study, we designed to investigate whether dietary proteins, especially soy, had beneficial effects on skeletal muscle in 59 volunteers with various physical activities. Methods: We subjected 59 volunteers with various physical activities to meal intervention examination. Persons with low and high physical activities were divided into two dietary groups, the casein diet group and the soy diet group. They ate daily meals supplemented with 7.8 g of powdered casein or soy protein isolate every day for 30 days. Bedridden patients in hospitals were further divided into three dietary groups: the no supplementation diet group, the casein diet group and the soy diet group. They were also subjected to a blood test, a urinalysis, magnetic resonance imaging analysis and muscle strength test of the knee before and after the meal intervention study. Results: Thirty-day soy protein supplementation significantly increased skeletal muscle volume in participants with low physical activity, compared with 30-day casein protein supplementation. Both casein and soy protein supplementation increased the volume of quadriceps femoris muscle in bedridden patients. Consistently, soy protein significantly increased their extension power of the knee, compared with casein protein. Although casein protein increased skeletal muscle volume more than soy protein in bedridden patients, their muscle strength changes by soy protein supplementation were bigger than those by casein protein supplementation. Conclusions: The supplementation of soy protein would be one of the effective foods which prevent the skeletal muscle atrophy caused by immobilization or unloading. J. Med. Invest. 62: 177-183, August, 2015

キーワード 推奨
発行所 推奨 徳島大学.医学部
誌名 必須 The Journal of Medical Investigation : JMI([徳島大学.医学部])
(pISSN: 1343-1420, eISSN: 1349-6867)
ISSN 任意 1343-1420
ISSN: 1343-1420 (pISSN: 1343-1420, eISSN: 1349-6867)
Title: The journal of medical investigation : JMI
Title(ISO): J. Med. Invest.
Supplier: 徳島大学
Publisher: Tokushima Daigaku Igakubu
 (NLM Catalog  (Webcat Plus  (医中誌Web  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 62
必須 3
必須 177 183
都市 任意
年月日 必須 2015年 0月 初日
URL 任意
DOI 任意 10.2152/jmi.62.177    (→Scopusで検索)
PMID 任意 26399344    (→Scopusで検索)
NAID 任意 130005099151
WOS 任意
Scopus 任意 2-s2.0-84942054092
機関リポジトリ 111275
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.ELocationID: 10.2152/jmi.62.177

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  3. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Research Support, Non-U.S. Gov't