徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 石川 みづき/村口 良介/東 亜弥子/縄田 翔吾/勝浦 哲也/三矢 睦/[内藤 徹]/[小山 保夫]/Cytotoxic actions of 2,2-dibromo-3-nitrilopropionamide, a biocide in hydraulic fracturing fluids, on rat thymocytes/[Toxicology Research]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
319213
EOID
901685
Map
0
LastModified
2018年4月26日(木) 22:08:39
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
小山 保夫
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 教育
共著種別 推奨 国内共著(徳島大学内研究者と国内(学外)研究者との共同研究 (国外研究者を含まない))
学究種別 推奨 博士前期課程学生による研究報告
組織 推奨
  1. 徳島大学.総合科学教育部.地域科学専攻.環境共生分野(2009年4月1日〜)
  2. 徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.食料科学コース(2016年4月1日〜)
  3. 徳島大学.総合科学部.社会創生学科.環境共生コース(2009年4月1日〜)
著者 必須
  1. (英) Ishikawa Mizuki / (日) 石川 みづき / (読) いしかわ みづき
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  2. (英) Muraguchi Ryosuke / (日) 村口 良介 / (読) むらぐち りょうすけ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  3. (英) Azuma Ayako / (日) 東 亜弥子 / (読) あずま あやこ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  4. (英) Nawata Shogo / (日) 縄田 翔吾 / (読) なわた しょうご
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  5. (英) Katsuur Tetsuya / (日) 勝浦 哲也 / (読) かつうら てつや
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  6. (英) Miya Mutsumi / (日) 三矢 睦 / (読) みや むつみ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  7. 内藤 徹
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 小山 保夫
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Cytotoxic actions of 2,2-dibromo-3-nitrilopropionamide, a biocide in hydraulic fracturing fluids, on rat thymocytes

副題 任意
要約 任意

(英) 2,2-Dibromo-3-nitrilopropionamide (DBNPA) is a major biocide in hydraulic fracturing fluids. Most biocides in fracturing fluids are considered to have low acute toxicity to mammals, but little information is available in the literature regarding the toxic actions of DBNPA on mammalian cells. This information is important to suggest the DBNPA toxicity on wild mammals. In this study, the effects of DBNPA on rat thymocytes were studied using flow cytometric techniques in order to further characterize the cytotoxicity of DBNPA for its safe use. DBNPA at 3-7.5 µM produced a steep concentration-dependent increase in cell lethality. At 5 µM, DBNPA significantly depolarized membranes with disturbance of asymmetrical distribution of membrane phospholipids. The lethal effect of DBNPA was completely abolished under cold conditions, and was augmented in the presence of ethanol. It is suggested that the lethal action of DBNPA is linked to changes in membrane fluidity. Because the concentration-dependent change of DBNPA-induced lethal action was very steep under in vitro conditions, the adverse actions of DBNPA on wild mammals are concerning, even though such reports have not yet surfaced.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 Toxicology Research([英国王立化学会])
(pISSN: 2045-452X, eISSN: 2045-4538)
ISSN 任意 2045-4538
ISSN: 2045-452X (pISSN: 2045-452X, eISSN: 2045-4538)
Title: Toxicology research
Title(ISO): Toxicol Res (Camb)
Publisher: Oxford University Press
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 5
必須 ---
必須 1329 1334
都市 任意 ロンドン(London/[連合王国])
年月日 必須 2016年 9月 初日
URL 任意
DOI 任意 10.1039/c6tx00027d    (→Scopusで検索)
PMID 任意
CRID 任意
WOS 任意 000382142100008
Scopus 任意 2-s2.0-84983453707
機関リポジトリ 110172
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意