徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Temma Jin/[松久 宗英]/Horie Toru/[黒田 暁生]/[森 博康]/[田蒔 基行]/[遠藤 逸朗]/[粟飯原 賢一]/[安倍 正博]/[松本 俊夫]/Non-invasive Measurement of Skin Autofluorescence as a Beneficial Surrogate Marker for Atherosclerosis in Patients with Type 2 Diabetes/[The Journal of Medical Investigation : JMI]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
318273
EOID
951169
Map
0
LastModified
2019年7月26日(金) 09:34:01
Operator
三好 小文
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
安倍 正博
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨 徳島大学以外での研究機関内共著(徳島大学以外での研究機関内での共同研究)
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. (英) Temma Jin
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 松久 宗英([徳島大学.先端酵素学研究所.糖尿病臨床・研究開発領域]/徳島大学病院アンチエイジングセンター センター長(併任))
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Horie Toru
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 黒田 暁生([徳島大学.先端酵素学研究所.糖尿病臨床・研究開発領域])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 森 博康([徳島大学.先端酵素学研究所.糖尿病臨床・研究開発領域])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 田蒔 基行
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 遠藤 逸朗([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健科学域.保健科学部門.医用検査学系.生体機能解析学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 粟飯原 賢一([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.連携研究部門(医学域).寄附講座系(医学域).糖尿病・代謝疾患治療医学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. 安倍 正博([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.血液・内分泌代謝内科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. 松本 俊夫
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Non-invasive Measurement of Skin Autofluorescence as a Beneficial Surrogate Marker for Atherosclerosis in Patients with Type 2 Diabetes

副題 任意
要約 任意

(英) Advanced glycation end-products (AGEs) are thought to play a major role in the pathogenesis of diabetic vascular complications. Skin autofluorescence (AF) was recently reported to represent tissue AGEs accumulation with a non-invasive method. The aim of the present study was to evaluate association between AF value and diabetic vascular complications, such as retinopathy, nephropathy and cervical atherosclerosis using the carotid intima-media thickness (IMT), an established marker of cardiovascular disease in patients with type 2 diabetes. A total of 68 patients with type 2 diabetes were enrolled in a cross-sectional manner. AGEs accumulation was measured with AF reader. Clinical parameters were collected at the time of AF and IMT measurement. Max-IMT was correlated with age and AF (r=0.407, p=0.001), but not with HbA1c, GA, and pentosidine. Also, AF was not correlated with HbA1c, GA and pentosidine, but was correlated with age (r=0.560, p<0.001), duration of diabetes (r=0.256, p<0.05). Multivariate regression analysis revealed that AF, but not age, was an independent determinant of max-IMT. In conclusion, AF might be a beneficial surrogate marker for evaluating carotid atherosclerosis in patients with type 2 diabetes non-invasively. J. Med. Invest. 62: 126-129, August, 2015.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 The Journal of Medical Investigation : JMI([徳島大学.医学部])
(pISSN: 1343-1420, eISSN: 1349-6867)
ISSN 任意 1349-6867
ISSN: 1343-1420 (pISSN: 1343-1420, eISSN: 1349-6867)
Title: The journal of medical investigation : JMI
Title(ISO): J. Med. Invest.
Supplier: 徳島大学
Publisher: Tokushima Daigaku Igakubu
 (NLM Catalog  (Webcat Plus  (医中誌Web  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 62
必須 3-4
必須 126 129
都市 任意
年月日 必須 2015年 7月 初日
URL 任意
DOI 任意 10.2152/jmi.62.126    (→Scopusで検索)
PMID 任意 26399335    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意 2-s2.0-84942054596
機関リポジトリ 111266
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.ELocationID: 10.2152/jmi.62.126

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article