徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [堀ノ内 裕也]/櫻田 巧/中村 敏己/田島 壮一郎/西迫 寛隆/[阿部 真治]/[寺岡 和彦]/久次米 敏秀/[川添 和義]/[水口 和生]/血圧上昇を指標としたベバシズマブ投与結腸・直腸がん患者の効果予測に関する検討/[薬学雑誌]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
314649
EOID
899614
Map
0
LastModified
2018年4月23日(月) 15:33:18
Operator
三好 小文
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
堀ノ内 裕也
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 堀ノ内 裕也([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.先端基礎医学教育研究プロジェクト]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.生理系.薬理学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Sakurada Takumi / (日) 櫻田 巧 / (読) さくらだ たくみ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  3. (英) Nakamura Toshimi / (日) 中村 敏己
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Tajima Soichiro / (日) 田島 壮一郎
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《田島 壮一郎 (Tajima Souichirou) @ 医科学教育部.博士課程 [大学院学生] 2006年4月〜2010年3月》
    《田島 壮一郎 (Tajima Souichirou) @ 薬科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2004年4月〜2006年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  5. (英) Nishisako Hirotaka / (日) 西迫 寛隆
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《西迫 寛隆 (Nishisako Hirotaka) @ 薬科学教育部.博士後期課程 [大学院学生] 2006年4月〜2011年3月》
    《西迫 寛隆 () @ 薬学研究科.博士前期課程 [大学院学生] 2002年4月〜2006年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  6. 阿部 真治([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.総合薬学教育学系.臨床薬学実務教育学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 寺岡 和彦([徳島大学.病院.薬剤部])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. (英) Kujime Toshihide / (日) 久次米 敏秀
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. 川添 和義
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. 水口 和生
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Hypertension as a predictive factor of effect of bevacizumab in treatment of colorectal cancer

(日) 血圧上昇を指標としたベバシズマブ投与結腸・直腸がん患者の効果予測に関する検討

副題 任意
要約 任意

(英) Bevacizumab is a monoclonal antibody that targets vascular endothelial growth factor (VEGF) for treatment of metastatic colorectal cancer. Recently, much evidence has suggested that bevacizumab-induced hypertension might be predictive of the effect of bevacizumab. The aim of our study is to retrospectively assess the relationship between the onset of hypertension and the activity of bevacizumab in Japanese metastatic colorectal cancer patients. Between July 2007 and December 2010, 36 patients (median age 66 years; 36-81 years) with metastatic colorectal cancer were assigned to receive bevacizumab in combination with either mFOLFOX6 (5-FU, levofolinate and oxaliplatin) or FOLFIRI (5-FU, levofolinate and irinotecan) at the Tokushima University Hospital. A patient who had increase by >20 mmHg in diastolic blood pressure or had increase to >150/100 mmHg or received antihypertensive treatment was defined as hypertensive. The objective response rate (ORR), disease control rate (DCR) and progression-free survival (PFS) were compared between the hypertensive group (n=10) and non-hypertensive group (n=26). ORR and DCR were 60.0% and 100%, respectively, in the hypertensive group and ORR and DCR were 23.1% and 80.8%, respectively, in the non-hypertensive group. These differences were statistically significant (p<0.05). The median PFS tended to be longer in the hypertensive group (65.0 weeks) than in the non-hypertensive group (40.0 weeks). Our data suggested that bevacizumab-induced hypertension may be predictive of the effect of bevacizumab in Japanese metastatic colorectal cancer patients.

キーワード 推奨
  1. (英) Adult
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 成人 (adult)
    [キーワード] 成人教育経営 (adult education administration)
  2. (英) Aged
  3. (英) Aged, 80 and over
  4. (英) Angiogenesis Inhibitors
  5. (英) Antibodies, Monoclonal, Humanized
  6. (英) Antineoplastic Combined Chemotherapy Protocols
  7. (英) Asian Continental Ancestry Group
  8. (英) Bevacizumab
  9. 血圧(blood pressure)
  10. (英) Camptothecin
  11. (英) Colorectal Neoplasms
  12. (英) Disease-Free Survival
  13. (英) Female
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 女性 (female)
  14. (英) Fluorouracil
  15. (英) Forecasting
  16. (英) Humans
  17. 高血圧(hypertension)
  18. (英) Leucovorin
  19. (英) Male
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 女性 (female)
    [キーワード] 男性 (male)
  20. (英) Middle Aged
  21. (英) Molecular Targeted Therapy
  22. (英) Organoplatinum Compounds
  23. (英) Retrospective Studies
  24. (英) Treatment Outcome
  25. (英) Vascular Endothelial Growth Factor A
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 血管内皮増殖因子 (vascular endothelial growth factor)
発行所 推奨
誌名 必須 薬学雑誌([日本薬学会])
(pISSN: 0031-6903, eISSN: 1347-5231)
ISSN 任意 1347-5231
ISSN: 0031-6903 (pISSN: 0031-6903, eISSN: 1347-5231)
Title: Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan
Title(ISO): Yakugaku Zasshi
Supplier: 公益社団法人日本薬学会
Publisher: Pharmaceutical Society of Japan
 (NLM Catalog  (Webcat Plus  (Webcat Plus  (医中誌Web  (J-STAGE  (J-STAGE  (J-STAGE  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 131
必須 8
必須 1251 1257
都市 任意
年月日 必須 2011年 5月 2日
URL 任意
DOI 任意 10.1248/yakushi.131.1251    (→Scopusで検索)
PMID 任意 21804330    (→Scopusで検索)
NAID 任意 130001075915
WOS 任意 000294527400014
Scopus 任意 2-s2.0-79961038711
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) PublicationType: Comparative Study

  2. (英) PublicationType: English Abstract

  3. (英) PublicationType: Journal Article