徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 奥田 浩二/鎌田 隼/[岡本 敏弘]/[原口 雅宣]/Gap plasmon excitation in plasmonic waveguide using Si waveguide/[Japanese Journal of Applied Physics, Part 1 (Regular Papers & Short Notes)]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
314570
EOID
904222
Map
0
LastModified
2018年5月11日(金) 19:50:37
Operator
岡本 敏弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
岡本 敏弘
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. (英) Okuda Koji / (日) 奥田 浩二 / (読) おくだ こうじ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  2. (英) Kamada Shun / (日) 鎌田 隼 / (読) かまだ しゅん
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  3. 岡本 敏弘([徳島大学.ポストLEDフォトニクス研究所]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.光機能材料講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 原口 雅宣([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.光応用系.光機能材料分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.光機能材料講座]/[徳島大学.ポストLEDフォトニクス研究所])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Gap plasmon excitation in plasmonic waveguide using Si waveguide

副題 任意
要約 任意

(英) Plasmonic waveguides have attracted considerable attention for application in highly integrated optical circuits since they can confine light to areas smaller than the diffraction limit. In this context, in order to realize a highly integrated optical circuit, we fabricate and evaluate the optical characteristics of a poly(methyl methacrylate) junction positioned between Si and plasmonic waveguides. For the plasmonic waveguide, we employ a gap plasmonic waveguide in which the energy of the plasmonic wave can be confined in order to reduce the scattering loss at the junction. By experimental measurement, we determine the coupling efficiency between the Si and gap plasmonic waveguides and the propagation length at the gap plasmonic waveguide to be 52.4% and 11.1 m, respectively. These values agree with those obtained by the three-dimensional finite-difference time-domain simulation. We believe that our findings can significantly contribute to the development of highly integrated optical circuits.

キーワード 推奨
発行所 推奨 応用物理学会
誌名 必須 Japanese Journal of Applied Physics, Part 1 (Regular Papers & Short Notes)([応用物理学会])
(pISSN: 0021-4922, eISSN: 1347-4065)
ISSN 任意 1347-4065
ISSN: 0021-4922 (pISSN: 0021-4922, eISSN: 1347-4065)
Title: Japanese journal of applied physics (2008)
Title(ISO): Jpn J Appl Phys (2008)
Supplier: 社団法人応用物理学会
Publisher: Japan Society of Applied Physics
 (NLM Catalog  (Webcat Plus  (Webcat Plus  (Webcat Plus  (Scopus  (Scopus  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 55
必須 8S3
必須 08RG02-1 08RG02-4
都市 任意
年月日 必須 2016年 7月 11日
URL 任意 http://doi.org/10.7567/JJAP.55.08RG02
DOI 任意 10.7567/JJAP.55.08RG02    (→Scopusで検索)
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
機関リポジトリ 111001
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意