徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [松元 友暉]/[金澤 裕樹]/Ikemitsu Nattsuki/Sasaki Toshiaki/[林 裕晃]/Miyosh Mitsuharu/[原田 雅史]/[大塚 秀樹]/Noise estimation of phantom phase image in ultra-short echo time imaging/第44回日本磁気共鳴医学会大会

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
314345
EOID
865547
Map
0
LastModified
2017年8月17日(木) 17:50:22
Operator
林 裕晃
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
金澤 裕樹
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 国内講演発表
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 松元 友暉([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.先端臨床医学教育研究プロジェクト]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.放射線医学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 金澤 裕樹([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.保健科学部門.放射線科学系.医用画像情報科学]/徳島大学大学院医歯薬学研究部医用画像情報科学分野)
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Ikemitsu Nattsuki
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Sasaki Toshiaki
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 林 裕晃
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. (英) Miyosh Mitsuharu
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 原田 雅史([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.放射線医学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 大塚 秀樹([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.保健科学部門.放射線科学系.画像医学・核医学]/[徳島大学.医学部.保健学科.放射線技術科学専攻.診療放射線技術学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Noise estimation of phantom phase image in ultra-short echo time imaging

副題 任意
要約 任意

(英) Purpose: To estimate accurately noise of phase rotation, we evaluated a signal phase of ultra-short echo time (UTE) imaging. Materials and Methods: On 3.0T MR system, we performed a phantom experiment using a dual-echo UTE imaging. The imaging parameters were TE, 0.032 ms (first-echo) and 3.3 ms (second-echo); matrix sizes, 256 ×256; slice, 16. The phantom consisted of Gd-DTPA and hydroxyapatite samples, which were made using three different concentrations of each material; Gd-DTPA, 0.5, 1.0, and 2.5 mmol/L; hydroxyapatite, 100, 200, and 350 mg/mL. Then, region of interest analysis was performed on two phase images, e.g., first-echo, and second-echo phase images. Results: The mean first-echo phase values on each Gd-DTPA (0.5, 1.0, and 2.5 mmol/L) and hydroxyapatite (100, 200, and 350 mg/mL) sample were 32.4 ± 0.04, 32.2 ± 0.04, 32.0 ±0.01, 32.4 ± 0.02, 43.6 ± 0.03, and 60.0 ± 0.01 degree, respectively. The mean second-echo phase values on each Gd-DTPA (0.5, 1.0, and 2.5 mmol/L) and hydroxyapatite (100, 200, and 350 mg/mL) sample were 39.1 ± 0.04, 36.0 ± 0.04, 35.5 ± 0.05, 137.9 ± 0.06, 83.4 ± 0.06, and 88.02 ± 0.06 degree, respectively. The mean background phase value first-echo, and second-echo were 33.5 ± 0.11 and 87.1 ± 0.12 degree, respectively. Discussion & Conclusion: The phase rotation of hydroxyapatite occurred difference of phase value in each sample, i.e., this leads good contrast in UTE image. In contrast, the phase rotation of Gd-DTPA at TE 0.032 ms is small enough to estimate noise because the Gd-DTPA phase values were almost equal. Thus, UTE imaging may lead to noise derived from a phase rotation. Noise estimation using UTE imaging may render it possible to obtain more detailed information of paramagnetic materials, e.g., Gd-DTPA.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 (英) JSMRM2016 / (日) 第44回日本磁気共鳴医学会大会
ISSN 任意
必須
必須
必須
都市 必須 さいたま(Saitama/[日本国])
年月日 必須 2016年 9月 10日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意