徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [松元 友暉]/[金澤 裕樹]/[林 裕晃]/Takegami Kazuki/Matsuda Tsuyoshi/[原田 雅史]/[大塚 秀樹]/How do you Determine the Echo Time When Calculation of Quantitative Susceptibility Mapping (QSM)?/Radiological Society of North America (RSNA) 2016

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
314221
EOID
865579
Map
0
LastModified
2017年8月17日(木) 18:00:05
Operator
林 裕晃
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
金澤 裕樹
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 国際会議
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 松元 友暉([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.先端臨床医学教育研究プロジェクト]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.放射線医学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 金澤 裕樹([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.保健科学部門.放射線科学系.医用画像情報科学]/徳島大学大学院医歯薬学研究部医用画像情報科学分野)
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 林 裕晃
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Takegami Kazuki
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Matsuda Tsuyoshi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 原田 雅史([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.放射線医学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 大塚 秀樹([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.保健科学部門.放射線科学系.画像医学・核医学]/[徳島大学.医学部.保健学科.放射線技術科学専攻.診療放射線技術学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) How do you Determine the Echo Time When Calculation of Quantitative Susceptibility Mapping (QSM)?

副題 任意
要約 任意

(英) TEACHING POINTS The purpose of this exhibit is to learn that 1. It is important to know dependence of signal loss due to T2* decay, corresponding to echo time (TE) and susceptibility of biomaterial. 2. Magnetic susceptibility have paramagnetic and diamagnetic characterization, i.e., these indicate positive and negative values, respectively. TABLE OF CONTENTS/OUTLINE -Aims The aim of our study is to investigate the difference in magnetic susceptibility for various TEs. -Method On a 3.0 T MR system, we performed a phantom experiment. The phantom consisted of Gd-DTPA and hydroxyapatite samples which were made using three different concentrations of each. In order to investigate the difference in the magnetic susceptibility of each TE, multiple TEs were acquired and several TE datasets were made. Then, we analyzed with each dataset. -Results The TEs = 3.1, 7.5 and 11.9 ms datasets indicated highest positive linearity for the Gd-DTPA samples (slope = 0.244, R2 = 0.998, P = 0.021). Moreover, the TEs = 3.1, 7.5 and 11.9 ms datasets indicated highest negative linearity for the hydroxyapatite samples (slope = -0.001, R2 = 0.997, P = 0.035). -Conclusion QSM makes it possible to accurately calculation of magnetic susceptibility by using the appropriate TE.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 (英) Radiological Society of North America (RSNA) 2016
ISSN 任意
必須
必須
必須
都市 必須 シカゴ(Chicago/[アメリカ合衆国])
年月日 必須 2016年 12月 初日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意