徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [梅原 英裕]/[沼田 周助]/[田嶋 敦]/西 晃/[中瀧 理仁]/[井本 逸勢]/[住谷 さつき]/[大森 哲郎]/Calcium Signaling Pathway Is Associated with the Long-Term Clinical Response to Selective Serotonin Reuptake Inhibitors (SSRI) and SSRI with Antipsychotics in Patients with Obsessive-Compulsive Disorder./[PLoS ONE]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
313690
EOID
932984
Map
0
LastModified
2018年11月29日(木) 11:56:25
Operator
[ADMIN]
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
沼田 周助
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨 国内共著(徳島大学内研究者と国内(学外)研究者との共同研究 (国外研究者を含まない))
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 梅原 英裕([徳島大学.病院.診療科.脳·神経·精神科.精神科神経科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  2. 沼田 周助([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.精神医学]/[徳島大学.病院.診療科.脳·神経·精神科.精神科神経科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 田嶋 敦
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Nishi Akira / (日) 西 晃 / (読) にし あきら
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 西川 義晃
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  5. 中瀧 理仁([徳島大学.病院.診療科.脳·神経·精神科.精神科神経科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 井本 逸勢
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 住谷 さつき([徳島大学.キャンパスライフ健康支援センター])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 大森 哲郎([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.精神医学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Calcium Signaling Pathway Is Associated with the Long-Term Clinical Response to Selective Serotonin Reuptake Inhibitors (SSRI) and SSRI with Antipsychotics in Patients with Obsessive-Compulsive Disorder.

副題 任意
要約 任意

(英) Selective serotonin reuptake inhibitors (SSRI) are established first-line pharmacological treatments for obsessive-compulsive disorder (OCD), while antipsychotics are used as an augmentation strategy for SSRI in OCD patients who have either no response or a partial response to SSRI treatment. The goal of the present study was to identify genetic variants and pathways that are associated with the long-term clinical response of OCD patients to SSRI or SSRI with antipsychotics. We first performed a genome-wide association study of 96 OCD patients to examine genetic variants contributing to the response to SSRI or SSRI with antipsychotics. Subsequently, we conducted pathway-based analyses by using Improved Gene Set Enrichment Analysis for Genome-wide Association Study (i-GSEA4GWAS) to examine the combined effects of genetic variants on the clinical response in OCD. While we failed to detect specific genetic variants associated with clinical responses to SSRI or to SSRI with an atypical antipsychotic at genome-wide levels of significance, we identified 8 enriched pathways for the SSRI treatment response and 5 enriched pathways for the treatment response to SSRI with an antipsychotic medication. Notably, the calcium signaling pathway was identified in both treatment responses. Our results provide novel insight into the molecular mechanisms underlying the variability in clinical response to SSRI and SSRI with antipsychotics in OCD patients.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 PLoS ONE(Public Library of Science)
(eISSN: 1932-6203)
ISSN 任意 1932-6203
ISSN: 1932-6203 (eISSN: 1932-6203)
Title: PloS one
Title(ISO): PLoS ONE
Publisher: Public Library of Science
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 11
必須 6
必須 e0157232. e0157232.
都市 任意
年月日 必須 2016年 6月 9日
URL 任意
DOI 任意 10.1371/journal.pone.0157232    (→Scopusで検索)
PMID 任意 27281126    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意 000377563000111
Scopus 任意 2-s2.0-84975507364
機関リポジトリ 112308
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.ELocationID: 10.1371/journal.pone.0157232

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  3. (英) OtherID: PMC4900663