徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [竹本 龍也]/Takaya Abe/Hiroshi Kiyonari/Kazuki Nakao/Yasuhide Furuta/Hitomi Suzuki/Shinji Takada/Toshihiko Fujimori/Hisato Kondoh/R26-WntVis reporter mice showing graded response to Wnt signal levels/[Genes to Cells]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
312021
EOID
878214
Map
0
LastModified
2017年12月4日(月) 14:05:17
Operator
[ADMIN]
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
竹本 龍也
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨 国内共著(徳島大学内研究者と国内(学外)研究者との共同研究 (国外研究者を含まない))
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 竹本 龍也([徳島大学.先端酵素学研究所.オープンイノベーション領域])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Takaya Abe
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《渡邊 峻也 (Watanabe Takaya) @ 工学部 [学部学生] 2009年4月〜2014年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  3. (英) Hiroshi Kiyonari
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Kazuki Nakao
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《中尾 和輝 (Nakao Kazuki) @ 理工学部 [学部学生] 2016年4月〜》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  5. (英) Yasuhide Furuta
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. (英) Hitomi Suzuki
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 鈴木 仁美
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. (英) Shinji Takada
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. (英) Toshihiko Fujimori
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. (英) Hisato Kondoh
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) R26-WntVis reporter mice showing graded response to Wnt signal levels

副題 任意
要約 任意

(英) The canonical Wnt signaling pathway plays a major role in the regulation of embryogenesis and organogenesis, where signal strength-dependent cellular responses are of particular importance. To assess Wnt signal levels in individual cells, and to circumvent the integration site-dependent bias shown in previous Wnt reporter lines, we constructed a new Wnt signal reporter mouse line R26-WntVis. Heptameric TCF/LEF1 binding sequences were combined with a viral minimal promoter to confer a graded response to the reporter depending on Wnt signal strengths. The histone H2B-EGFP fusion protein was chosen as the fluorescent reporter to facilitate single-cell resolution analyses. This WntVis reporter gene was then inserted into the ROSA26 locus in an orientation opposite to that of the endogenous gene. The R26-WntVis allele was introduced into Wnt3a(-/-) and Wnt3a(vt/-) mutant mouse embryos and compared with wild-type embryos to assess its performance. The R26-WntVis reporter was activated in known Wnt-dependent tissues and responded in a graded fashion to signal intensity. This analysis also indicated that the major Wnt activity early in embryogenesis switched from Wnt3 to Wnt3a around E7.5. The R26-WntVis mouse line will be widely useful for the study of Wnt signal-dependent processes.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 Genes to Cells([日本分子生物学会])
(pISSN: 1356-9597, eISSN: 1365-2443)
ISSN 任意 1365-2443
ISSN: 1356-9597 (pISSN: 1356-9597, eISSN: 1365-2443)
Title: Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms
Title(ISO): Genes Cells
Supplier: Molecular Biology Society of Japan
Publisher: Wiley Publishing
 (NLM Catalog  (Wiley  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 ---
必須 ---
必須 ---
都市 任意
年月日 必須 2016年 3月 31日
URL 任意
DOI 任意 10.1111/gtc.12364    (→Scopusで検索)
PMID 任意 27030109    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意 2-s2.0-84974712259
機関リポジトリ 110152
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.ELocationID: 10.1111/gtc.12364

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article