徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Tsuzuki Hiromitsu/井上 翔太/小林 大起/Uuganbaatar Gantulga/[金丸 芳]/[横井川 久己男]/[小山 保夫]/Methyl cinnamate increases cell vulnerability to oxidative stress induced by hydrogen peroxide in rat thymocytes/[Fundamental Toxicological Sciences]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
311924
EOID
901684
Map
0
LastModified
2018年4月26日(木) 22:08:38
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
小山 保夫
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 教育
共著種別 推奨 学内共著(徳島大学内研究者との共同研究 (学外研究者を含まない))
学究種別 推奨 修士課程学生による研究報告
組織 推奨
  1. 徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.食料科学講座(2016年4月1日〜)
  2. 徳島大学.総合科学教育部.地域科学専攻.環境共生分野(2009年4月1日〜)
著者 必須
  1. (英) Tsuzuki Hiromitsu / (読) つづき ひろみつ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  2. (英) Inoue Shota / (日) 井上 翔太 / (読) いのうえ しょうた
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  3. (英) Kobayashi Daiki / (日) 小林 大起 / (読) こばやし だいき
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  4. (英) Uuganbaatar Gantulga
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  5. 金丸 芳([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.食料科学系.食料科学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.食料科学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 横井川 久己男
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 小山 保夫
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Methyl cinnamate increases cell vulnerability to oxidative stress induced by hydrogen peroxide in rat thymocytes

副題 任意
要約 任意

(英) Methyl cinnamate (MC) and essential oils containing MC possess beneficial antimicrobial, antifungal, and insecticidal effects, among others. Such effects are related to the biocidal action of MC. The antioxidant activity of MC has also been reported elsewhere. It has been suggested that MC may be cytotoxic to cells exposed to oxidative stress. To test this possibility, the effect of MC on rat thymocytes was examined while the cells were subjected to oxidative stress induced by hydrogen peroxide (H2O2). Flow cytometric techniques with appropriate fluorescent probes were used for quantification. MC increased cell vulnerability to oxidative stress via acceleration of the cell death process and/or potentiation of oxidative stress. The use of MC is widespread because of its beneficial actions, and thus further attention should be paid to whether MC is effective under oxidative stress.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 Fundamental Toxicological Sciences(日本毒性学会)
(eISSN: 2189-115X)
ISSN 任意 2189-115X
ISSN: 2189-115X (eISSN: 2189-115X)
Title: Fundamental toxicological sciences
Title(ISO): Fundam Toxicol Sci
Publisher: Japanese Society of Toxicology
 (NLM Catalog  (CrossRef (No Scopus information.)
必須 3
必須 3
必須 121 125
都市 任意 仙台(Sendai/[日本国])
年月日 必須 2016年 5月 11日
URL 任意
DOI 任意 10.2131/fts.3.121    (→Scopusで検索)
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
機関リポジトリ 110051
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意