徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Inui Toshio/Kubo Kentaro/Kuchiike Daisuke/[宇都 義浩]/Nishikata Takahito/Sakamoto Norihiro/Mette Martin/Oral Colostrum Macrophage-activating Factor for Serious Infection and Chronic Fatigue Syndrome: Three Case Reports./[Anticancer Research]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
308399
EOID
810928
Map
0
LastModified
2016年3月2日(水) 14:13:39
Operator
三好 小文
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
宇都 義浩
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. (英) Inui Toshio
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《乾 利夫 (Inui Toshio) @ 先端技術科学教育部.博士後期課程 [大学院学生] 2013年4月〜2016年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  2. (英) Kubo Kentaro
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Kuchiike Daisuke
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《口池 大輔 (Kuchiike Daisuke) @ 先端技術科学教育部.博士後期課程 [大学院学生] 2013年4月〜2016年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  4. 宇都 義浩([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.応用生物資源学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Nishikata Takahito
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. (英) Sakamoto Norihiro
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《坂本 典大 (Sakamoto Norihiro) @ 先端技術科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2008年4月〜2010年3月》
    《坂本 典大 (Sakamoto Norihiro) @ 工学部 [学部学生] 2004年4月〜2008年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  7. (英) Mette Martin
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Oral Colostrum Macrophage-activating Factor for Serious Infection and Chronic Fatigue Syndrome: Three Case Reports.

副題 任意
要約 任意

(英) Gc protein-derived macrophage-activating factor (GcMAF) immunotherapy has been steadily advancing over the last two decades. Oral colostrum macrophage-activating factor (MAF) produced from bovine colostrum has shown high macrophage phagocytic activity. GcMAF-based immunotherapy has a wide application for use in treating many diseases via macrophage activation or for use as supportive therapy. Three case studies demonstrate that oral colostrum MAF can be used for serious infection and chronic fatigue syndrome (CFS) without adverse effects. We demonstrate that colostrum MAF shows promising clinical results in patients with infectious diseases and for symptoms of fatigue, which is common in many chronic diseases.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 Anticancer Research(International Institute of Anticancer Research(IIAR))
(pISSN: 0250-7005, eISSN: 1791-7530)
ISSN 任意 1791-7530
ISSN: 0250-7005 (pISSN: 0250-7005, eISSN: 1791-7530)
Title: Anticancer research
Title(ISO): Anticancer Res.
Publisher: International Institute of Anticancer Research
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 35
必須 8
必須 4545 4549
都市 任意
年月日 必須 2015年 8月 初日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意 26168499    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意 000359294900025
Scopus 任意 2-s2.0-84939800500
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) PublicationType: Journal Article