徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Osaki Tomohiro/Ono Misato/[宇都 義浩]/Ishizuka Masahiro/Tanaka Tohru/Yamanaka Nobuyasu/Kurahashi Tsukasa/Azuma Kazuo/Murahata Yusuke/Tsuka Takeshi/Ito Norihiko/Imagawa Tomohiro/Okamoto Yoshiharu/Sonodynamic therapy using 5-aminolevulinic acid enhances the efficacy of bleomycin./[Ultrasonics]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
308395
EOID
834582
Map
0
LastModified
2016年8月30日(火) 19:02:16
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
宇都 義浩
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. (英) Osaki Tomohiro
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Ono Misato
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 宇都 義浩([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.応用生物資源学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Ishizuka Masahiro
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Tanaka Tohru
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. (英) Yamanaka Nobuyasu
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. (英) Kurahashi Tsukasa
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. (英) Azuma Kazuo
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. (英) Murahata Yusuke
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. (英) Tsuka Takeshi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  11. (英) Ito Norihiko
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  12. (英) Imagawa Tomohiro
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  13. (英) Okamoto Yoshiharu
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Sonodynamic therapy using 5-aminolevulinic acid enhances the efficacy of bleomycin.

副題 任意
要約 任意

(英) Sonodynamic therapy (SDT) kills tumor cells through the synergistic effects of ultrasound and a sonosensitizer agent. We examined whether 5-aminolevulinic acid (5-ALA)-based SDT at 1 or 3MHz could enhance the cytotoxicity of bleomycin (BLM) toward mouse mammary tumor cells both in vitro and in vivo. At 1MHz, cell viability in the 5-ALA-based SDT group at 1, 2, and 3W/cm(2) was 34.30%, 50.90%, and 60.16%, respectively. Cell viability in the 5-ALA-based SDT+BLM group at 1, 2, and 3W/cm(2) was 0.09%, 0.32%, and 0.17%, respectively. In contrast, at 3MHz, 5-ALA-based SDT+BLM did not show pronounced cytotoxicity. In the in vivo study, 5-ALA-based SDT+BLM was significantly more cytotoxic than 5-ALA-based SDT at 1MHz and 3MHz. These findings suggest that the mechanism of tumor shrinkage induced by 5-ALA-based SDT+BLM might involve not only direct cell killing, but also vascular shutdown. Thus, we show here that 5-ALA-based SDT enhances the efficacy of BLM both in vitro and in vivo.

キーワード 推奨
  1. (英) Aminolevulinic Acid
  2. (英) Animals
  3. (英) Bleomycin
  4. (英) Cell Survival
  5. (英) Cytotoxins
  6. (英) In Vitro Techniques
  7. (英) Mammary Neoplasms, Experimental
  8. (英) Mice
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] ノックアウトマウス (knockout mice)
  9. (英) Ultrasonic Therapy
発行所 推奨 Elsevier(->組織[Elsevier Science])
誌名 必須 Ultrasonics([Elsevier])
(pISSN: 0041-624X, eISSN: 1874-9968)
ISSN 任意 1874-9968
ISSN: 0041-624X (pISSN: 0041-624X, eISSN: 1874-9968)
Title: Ultrasonics
Title(ISO): Ultrasonics
Publisher: Elsevier BV
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 67
必須 ---
必須 76 84
都市 任意
年月日 必須 2016年 4月 初日
URL 任意
DOI 任意 10.1016/j.ultras.2016.01.003    (→Scopusで検索)
PMID 任意 26799128    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.ELocationID: 10.1016/j.ultras.2016.01.003

  2. (英) Article.ELocationID: S0041-624X(16)00004-4

  3. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  4. (英) KeywordList.Keyword: 5-Aminolevulinic acid

  5. (英) KeywordList.Keyword: Bleomycin

  6. (英) KeywordList.Keyword: Sonodynamic therapy

  7. (英) KeywordList.Keyword: Ultrasound