徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 工藤 早紀/尾澤 真帆/[岡久 玲子]/精神保健ボランティア活動を通した精神障がい者観の変化/[四国公衆衛生学会雑誌]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
308090
EOID
1052397
Map
0
LastModified
2022年8月10日(水) 17:18:16
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
岡久 玲子
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. (日) 工藤 早紀
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (日) 尾澤 真帆
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 岡久 玲子([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.保健科学部門.看護学系.地域看護学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(日) 精神保健ボランティア活動を通した精神障がい者観の変化

副題 任意
要約 任意

(日) 【目的】精神保健ボランティアの活動の現状と,活動を通した精神障がい者観の変化を明らかにすることを目的とした. 【方法】A県内の精神保健ボランティア445人を対象とし,平成25年8∼10月に無記名式アンケート調査を実施した.所属のボランティアグループの代表者に同意を得た者にアンケート用紙を配布し,返信用封筒にて回収した.調査内容は,①基本属性(年齢,性別など),②精神保健ボランティア活動について(きっかけ,経験年数,活動内容,活動頻度,まわりとの連携の有無など),③精神保健ボランティアの活動前後の精神障がい者観の変化(4段階評価)とした.分析にはSPSSVer.19.0を用い,活動前後の精神障がい者観の変化についてはWilcoxonの符号付き順位検定を行った.徳島大学病院臨床研究倫理審査委員会の承認を得て実施した. 【結果】259人の回答を得て(回収率58.2%),236人を有効回答とした(有効回答率53.0%).対象者の平均年齢は69.9±7.7歳,男性37人(15.7%),女性199人(84.3%)であった.精神保健ボランティアをはじめたきっかけは「何か社会の役に立ちたいと思ったから」51.5%,「ボランティアに興味・関心があった」48.5%,「精神保健ボランティア養成講座の受講がきっかけ」45.8%の順で多かった.まわりとの連携は,「自分の属するボランティアグループのメンバー」70.8%,「社会福祉協議会」54.6%の順で多かった.精神保健ボランティア活動前後の精神障がい者観の変化については,すべての項目において活動後の得点が高く有意差があった(P<0.01). 【結論】精神保健ボランティアは活動前より後の精神障がい者についての意識が高かったことより,活動を通して自らの精神障がい者観にプラスの変化をもたらすことが示唆された.

キーワード 推奨
  1. (日) 精神保健ボランティア
  2. (日) 精神障がい者観
発行所 推奨 (日) 四国公衆衛生学会雑誌
誌名 必須 四国公衆衛生学会雑誌([四国公衆衛生学会])
(pISSN: 0286-2964)
ISSN 任意 0286-2964
ISSN: 0286-2964 (pISSN: 0286-2964)
Title: 四国公衆衛生学会雑誌
 (医中誌Web (No Scopus information.)
必須 61
必須 1
必須 115 119
都市 任意
年月日 必須 2016年 2月 初日
URL 任意 http://repo.lib.tokushima-u.ac.jp/115172
DOI 任意
PMID 任意
CRID 任意 1050004225300382080
NAID 120006883427
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意