徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 矢野 祖/[西條 敦郎]/近藤 真代/[河野 弘]/[豊田 優子]/[柿内 聡司]/[岸 潤]/[埴淵 昌毅]/古川 貴大/[藤田 浩司]/[西岡 安彦]/神経根障害で発症した神経サルコイドーシスの一例/[四国医学雑誌]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
306957
EOID
877711
Map
0
LastModified
2017年12月4日(月) 14:00:09
Operator
[ADMIN]
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
埴淵 昌毅
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. (日) 矢野 祖
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 西條 敦郎
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (日) 近藤 真代
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 河野 弘([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.連携研究部門(医学域).寄附講座系(医学域).地域リウマチ・総合内科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 豊田 優子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 柿内 聡司
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 岸 潤
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 埴淵 昌毅
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. (日) 古川 貴大
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. 藤田 浩司([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.先端医学教育研究プロジェクト]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.臨床神経科学]/[徳島大学.病院.診療科.内科.脳神経内科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  11. 西岡 安彦([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.呼吸器・膠原病内科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) A case of neurosarcoidosis with radiculopathy

(日) 神経根障害で発症した神経サルコイドーシスの一例

副題 任意
要約 任意

(日) A52-year-old woman was referred to our hospital for further examination of thoracolumbarpain. As dysesthesia at Th4level was seen in neurological examination, thoracic radiculopathy ormyelopathy was suspected. Blood examination showed elevated level of serum ACE and lysozyme.Lymphadenopathy was evident in bilateral hila and mediastina with marked FDG and Galliumaccumulation in FDG-PET-CT and Gallium scintigraphy, respectively. The number of lymphocytesand the CD4/CD8ratio were increased in the BALF. Histological findings of specimens obtainedfrom the lung and the skin lesion revealed noncaseating epithelioid granuloma, which yielded thediagnosis of sarcoidosis. The cerebrospinal fluid examinations showed elevated level of cell counts,proteins and β2-microglobulin. Taken together, she was diagnosed as neurosarcoidosis with thoracicradiculopathy. Her symptoms were improved with oral administration of prednisolone, butthey were exacerbated when prednisolone dose was tapered to20mg/day. Combined therapy ofmethotrexate and prednisolone was initiated, thereafter her symptoms disappeared completely.

キーワード 推奨
  1. (英) neurosarcoidosis
  2. (英) radiculopathy
  3. (英) prednisolone
  4. (英) methotrexate
発行所 推奨 (日) 徳島医学会
誌名 必須 四国医学雑誌([徳島医学会])
(pISSN: 0037-3699)
ISSN 任意 0037-3699
ISSN: 0037-3699 (pISSN: 0037-3699)
Title: 四国医学雑誌
Supplier: 徳島大学
Publisher: Tokushima Igakkai
 (Webcat Plus  (医中誌Web  (Scopus (Scopus information is found. [need login])
必須 68
必須 3,4
必須 153 158
都市 任意
年月日 必須 2012年 8月 25日
URL 任意 http://ci.nii.ac.jp/naid/40019424520/
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意 40019424520
WOS 任意
Scopus 任意
機関リポジトリ 102837
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意