徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 梶田 敬介/[佐藤 正大]/[豊田 優子]/[坂口 暁]/[手塚 敏史]/[後東 久嗣]/[埴淵 昌毅]/[西岡 安彦]/クリゾチニブが奏効したperformance status不良anaplastic lymphoma kinase遺伝子転座陽性肺腺癌の1例/[四国医学雑誌]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
306784
EOID
1034315
Map
0
LastModified
2022年4月28日(木) 14:54:30
Operator
三好 小文
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
埴淵 昌毅
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. (日) 梶田 敬介
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 佐藤 正大([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.呼吸器・膠原病内科学]/[徳島大学.病院.診療科.内科.呼吸器・膠原病内科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 豊田 優子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 坂口 暁([徳島大学.病院.先端医科医療開発研究プロジェクト]/[徳島大学.病院.中央診療施設等.総合臨床研究センター])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 手塚 敏史
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 後東 久嗣
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 埴淵 昌毅([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.連携研究部門(医学域).寄附講座系(医学域).地域呼吸器・血液・代謝内科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 西岡 安彦([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.呼吸器・膠原病内科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) A case of anaplastic lymphoma kinase-positive non-small cell lung cancer with a poor performance status successfully treated with crizotinib

(日) クリゾチニブが奏効したperformance status不良anaplastic lymphoma kinase遺伝子転座陽性肺腺癌の1例

副題 任意
要約 任意

(日) A 27-year-old female was referred to our hospital for further examination of hoarseness, cough, and hemoptysis. Positron emission tomography-computed tomography revealed FDG accumulation in a huge mass in the left lower lobe, lymph nodes in the hilum, mediastinum and right cervical lesion left scapula and vertebral body. Further examination yielded the diagnosis of primary lung adenocarcinoma (cT2aN3M1b : Stage IV) harboring the anaplastic lymphoma kinase (ALK) fusion oncogene. Although her general condition was getting worse due to rapid increase of the pleural effusion, crizotinib promptly diminish the pleural effusion and ameliorated the patient's condition. The adverse events of crizotinib, such as nausea, vomiting and visual disturbance, were generally mild and well tolerable during treatment. These findings suggest that crizotinib is a promising candidate for ALK-positive non-small cell lung cancer patients even with poor performances.

キーワード 推奨
  1. (英) crizotinib
  2. (英) anaplastic lymphoma kinase
  3. (英) non-small cell lung cancer
  4. (英) performance status
発行所 推奨 (日) 徳島医学会
誌名 必須 四国医学雑誌([徳島医学会])
(pISSN: 0037-3699, eISSN: 2758-3279)
ISSN 任意 0037-3699
ISSN: 0037-3699 (pISSN: 0037-3699, eISSN: 2758-3279)
Title: 四国医学雑誌
Supplier: 徳島大学
Publisher: Tokushima Igakkai
 (Webcat Plus  (医中誌Web  (J-STAGE  (Scopus (Scopus information is found. [need login])
必須 71
必須 5,6
必須 141 148
都市 任意
年月日 必須 2015年 12月 25日
URL 任意 http://ci.nii.ac.jp/naid/40020725274/
DOI 任意
PMID 任意
CRID 任意 1050564287418456448
NAID 120005851768
WOS 任意
Scopus 任意
機関リポジトリ 109939
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意