徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 清水 達彦/宮島 凜/成瀬 公人/山岡 浩輔/粟飯原 圭佑/[重永 章]/[大髙 章]/Facile preparation of peptides with C-terminal N-alkylamide via radical-initiated dethiocarboxylation/[Chemical & Pharmaceutical Bulletin]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
306227
EOID
917860
Map
0
LastModified
2018年8月8日(水) 15:30:07
Operator
大髙 章
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
大髙 章
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨 博士後期課程学生による研究報告
組織 推奨
  1. 徳島大学.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部.薬学系・総合薬学センター.総合薬学研究推進室(〜2015年3月31日)
  2. 徳島大学.薬科学教育部(2004年4月1日〜)
  3. 徳島大学.薬学部.創製薬科学科.創薬学講座.機能分子合成薬学(2006年4月1日〜)
  4. 徳島大学.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部.創薬資源科学部門.機能分子創製学講座.機能分子合成薬学(2004年4月1日〜2015年3月31日)
  5. 徳島大学.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部.医療創生科学部門.臨床薬学講座.医薬品機能生化学(2007年1月1日〜2015年3月31日)
  6. 徳島大学.薬学部.薬学科.臨床薬学講座.医薬品機能生化学(2010年4月1日〜)
著者 必須
  1. (英) Shimizu Tatsuhiko / (日) 清水 達彦 / (読) しみず たつひこ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  2. (英) Miyajima Rin / (日) 宮島 凜 / (読) みやじま りん
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  3. (英) Naruse Naoto / (日) 成瀬 公人 / (読) なるせ なおと
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  4. (英) Yamaoka Kosuke / (日) 山岡 浩輔 / (読) やまおか こうすけ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  5. (英) Aihara Keisuke / (日) 粟飯原 圭佑 / (読) あいはら けいすけ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  6. 重永 章
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 大髙 章([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.創薬科学系.機能分子合成薬学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Facile preparation of peptides with C-terminal N-alkylamide via radical-initiated dethiocarboxylation

副題 任意
要約 任意

(英) A new synthetic method has been developed to prepare peptides bearing a C-terminal N-alkylamide from peptide thioacids via a radical-initiated dethiocarboxylation process. This method enables the introduction of various alkyl groups to C-terminal amides simply by replacing the amino acid building block. Its application to the preparation of anti-cancer drug ABT-510 is also reported.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 Chemical & Pharmaceutical Bulletin([日本薬学会])
(pISSN: 0009-2363, eISSN: 1347-5223)
ISSN 任意 1347-5223
ISSN: 0009-2363 (pISSN: 0009-2363, eISSN: 1347-5223)
Title: Chemical & pharmaceutical bulletin
Title(ISO): Chem Pharm Bull (Tokyo)
Supplier: 公益社団法人日本薬学会
Publisher: Pharmaceutical Society of Japan
 (NLM Catalog  (Webcat Plus  (医中誌Web  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 64
必須 4
必須 375 378
都市 任意
年月日 必須 2016年 4月 初日
URL 任意
DOI 任意 10.1248/cpb.c15-01025    (→Scopusで検索)
PMID 任意 27039836    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意 000373246300013
Scopus 任意 2-s2.0-84964768936
機関リポジトリ 111926
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.ELocationID: 10.1248/cpb.c15-01025

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  3. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Research Support, Non-U.S. Gov't