徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [田良島 典子]/[安藤 英紀]/小島 孝允/金城 望/橋本 洋佑/[古川 和寛]/[石田 竜弘]/[南川 典昭]/Gene silencing using 4'-thioDNA as an artificial template to synthesize short-hairpin RNA without inducing a detectable innate immune response/[Molecular Therapy. Nucleic Acids]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
305323
EOID
936608
Map
0
LastModified
2018年12月13日(木) 19:31:38
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
石田 竜弘
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 田良島 典子([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.統合医薬創製科学系.生物有機化学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 安藤 英紀([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.生命薬学系.薬物動態制御学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Kojima Takamitsu / (日) 小島 孝允 / (読) こじま たかみつ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  4. (英) Kinjo Nozomi / (日) 金城 望 / (読) きんじょう のぞみ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  5. (英) Hashimoto Yosuke / (日) 橋本 洋佑 / (読) はしもと ようすけ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  6. 古川 和寛
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 石田 竜弘([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.生命薬学系.薬物動態制御学]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.連携研究部門(医学域).共同研究講座系.がん細胞と代謝学]/[徳島大学.産業院])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 南川 典昭([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.統合医薬創製科学系.生物有機化学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Gene silencing using 4'-thioDNA as an artificial template to synthesize short-hairpin RNA without inducing a detectable innate immune response

副題 任意
要約 任意

(英) The development of a versatile technique to induce RNA interference (RNAi) without immune stimulation in vivo is of interest as existing approaches to trigger RNAi, such as small interfering RNA (siRNA) and plasmid DNA (pDNA) expressing short hairpin RNA (shRNA), present drawbacks arising from innate immune stimulation. To overcome them, an intelligent shRNA expression device (iRed) designed to induce RNAi was developed. The minimum sequence of iRed encodes only the U6 promoter and shRNA. A series of iRed comprises a polymerase chain reaction (PCR)-amplified 4'-thioDNA in which any one type of adenine (A), guanine (G), cytosine (C), or thymine (T) nucleotide unit was substituted by each cognate 4'-thio derivatives, i.e., dSA iRed, dSG iRed, dSC iRed, and ST iRed respectively. Each modified iRed acted as a template to transcribe shRNA with RNAi activity. The highest shRNA yield was generated using dSC iRed that exerted gene silencing activity in an orthotopic mouse model of mesothelioma. Reducing the minimal structure required to transcribe shRNA and the presence of the 4'-thiomodification synergistically function to abrogate innate immune response induced by dsDNA. The iRed will introduce a new approach to induce RNAi without inducing a detectable innate immune response.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 Molecular Therapy. Nucleic Acids(American Society of Gene & Cell Therapy)
(eISSN: 2162-2531)
ISSN 任意 2162-2531
ISSN: 2162-2531 (eISSN: 2162-2531)
Title: Molecular therapy. Nucleic acids
Title(ISO): Mol Ther Nucleic Acids
Publisher: Cell Press
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 5
必須 ---
必須 e274 e274
都市 任意
年月日 必須 2016年 2月 初日
URL 任意
DOI 任意 10.1038/mtna.2015.48    (→Scopusで検索)
PMID 任意 26730811    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意 2-s2.0-84953792236
機関リポジトリ 110894
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意