徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [佐藤 紀]/【高齢者の脊髄障害】 高齢頸髄症患者の上肢機能障害/[MEDICAL REHABILITATION]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
304520
EOID
973262
Map
0
LastModified
2020年3月6日(金) 14:49:49
Operator
三好 小文
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
佐藤 紀
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 総説·解説
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 佐藤 紀([徳島大学.病院.中央診療施設等.リハビリテーション部])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(日) 【高齢者の脊髄障害】 高齢頸髄症患者の上肢機能障害

副題 任意
要約 任意

(日) 超高齢社会となった我が国では,頸髄症患者が今後ますます増加すると予想されている.頸髄症患者の症状の1つである上肢機能障害(手指巧緻運動障害,myelopathy hand等)が生じると,様々なADL障害をきたすことがある.高齢者における頸髄症の特徴として,C3/4,C4/5レベルが責任高位となることが多い.Myelopathy handとは頸髄症患者でみられる手のことであり,評価方法としてFES(finger escape sign)と10秒テスト(grip and release test)がある.簡易上肢機能検査(STEF;simple test for evaluating hand function)は,手指の巧緻運動性を定量的に評価するのに有用な検査である.患者立脚型の頸髄症に対する治療成績評価法として,日本整形外科学会頸部脊髄症評価質問票(JOACMEQ;Japanese Orthopaedic Association Cervical Myelopathy Evluation Questionnaire)がある.JOACMEQの上肢機能における獲得点数およびSTEF獲得点数との間に有意な相関がある.(著者抄録)

キーワード 推奨
  1. (日) 質問紙法 医学会 手指 *上肢 *神経症状(診断) *脊髄疾患(診断) *知覚障害(診断) *筋力低下(診断) 重症度指標 治療成績 整形外科学 *頸椎症性脊髄症(診断) 運動機能検査 *第5指徴候(診断) ヒト 高齢者(65~79)
発行所 推奨
誌名 必須 MEDICAL REHABILITATION((株)全日本病院出版会)
(pISSN: 1346-0773)
ISSN 任意 1346-0773
ISSN: 1346-0773 (pISSN: 1346-0773)
Title: MEDICAL REHABILITATION
 (医中誌Web (No Scopus information.)
必須
必須 181
必須 19 25
都市 任意
年月日 必須 2015年 3月 初日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意 40020438037
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意