徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 大竹 尚孝/山根 圭貴/[中川 敬三]/[加藤 雅裕]/[杉山 茂]/Hydrothermally Synthesized Ceria with a High Specific Surface Area for Catalytic Conversion of Ethanol to Ethylene/[Journal of Chemical Engineering of Japan]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
304104
EOID
890310
Map
0
LastModified
2018年2月28日(水) 10:37:12
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
杉山 茂
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.大学院ソシオテクノサイエンス研究部.先進物質材料部門.機能性材料(2006年4月1日〜2016年3月31日)
  2. 徳島大学.先端技術科学教育部.物質生命システム工学専攻.化学機能創生コース.化学プロセス工学講座(2012年4月1日〜)
著者 必須
  1. (英) Ohtake Naotaka / (日) 大竹 尚孝 / (読) おおたけ なおたか
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  2. (英) Yamane Yoshiki / (日) 山根 圭貴 / (読) やまね よしき
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  3. 中川 敬三
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 加藤 雅裕([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.化学プロセス工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.化学プロセス工学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 杉山 茂([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.化学プロセス工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.化学プロセス工学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Hydrothermally Synthesized Ceria with a High Specific Surface Area for Catalytic Conversion of Ethanol to Ethylene

副題 任意
要約 任意

(英) Morphological control can be used to improve the catalytic activity of cerium oxide (ceria, CeO2). For this study, ceria with a high specific surface area was synthesized via the hydrothermal reac-tion of ceric nitrate and was tested on the catalytic conversion of ethanol to ethylene. For a refer-ence, ceria was also synthesized via a precipitation reaction of cerous nitrate using aqueous am-monia. The Japan reference catalyst, JRC-CEO-1 also served as a reference. The specific surface area of the hydrothermally synthesized ceria was as high as that of JRC-CEO-1, but was much higher than that of either of the references after calcination at 873 K. Thermo-gravimetric analysis and IR spectroscopy revealed that the cerias made by hydrothermal and precipitation reactions consisted of high-purity CeO2, while the JRC-CEO-1 contained 1.5% decomposable functional groups (OH-, CO32-). For both ethanol conversion and ethylene selectivity in a catalytic dehydration reaction of ethanol, the activity of the hydrothermally developed ceria was higher than that for either of the references. The reaction pathway for the dehydration reaction of ethanol over ceria showed that the specific surface area and the basicity of the Lewis basic site of the ceria were specific influential properties. The high catalytic activity of the hydrothermally synthesized ceria derived from its high specific surface area and high-purity CeO2.

(日) 本研究で提案した調製法で合成した酸化セリウムは,シンタリング耐性が高いことが知られていたが,エタノールからエチレンへの接触反応の触媒として高活性を示し,今回の調製法で調製すると高表面積を持つ純度の高い酸化セリウムができることが原因であることを明らかにした.

キーワード 推奨
  1. (英) Cerium Oxide
  2. (英) Hydrothermal Synthesis
  3. (英) Specific Surface Area
  4. (英) Catalytic Dehydration
  5. (英) Ethanol
発行所 推奨 社団法人 化学工学会
誌名 必須 Journal of Chemical Engineering of Japan([社団法人 化学工学会])
(pISSN: 0021-9592, eISSN: 1881-1299)
ISSN 任意 0021-9592
ISSN: 0021-9592 (pISSN: 0021-9592, eISSN: 1881-1299)
Title: JOURNAL OF CHEMICAL ENGINEERING OF JAPAN
Supplier: 公益社団法人 化学工学会
Publisher: Society of Chemical Engineers Japan
 (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 49
必須 2
必須 197 203
都市 任意 東京(Tokyo/[日本国])
年月日 必須 2016年 2月 20日
URL 任意
DOI 任意 10.1252/jcej.15we125    (→Scopusで検索)
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意 2-s2.0-84958777586
機関リポジトリ 109879
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意