徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [松本 和幸]/秋田 恭佑/[吉田 稔]/[北 研二]/[任 福継]/非タスク会話への応用に向けた感情状態に基づく登場人物の親密度推定/Proceedings of the 6th International Conference on Affective Computing and Intelligent Interaction (ACII2015)

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
303128
EOID
972622
Map
0
LastModified
2020年3月3日(火) 14:28:21
Operator
三好 小文
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
松本 和幸
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 国際会議
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨 学内共著(徳島大学内研究者との共同研究 (学外研究者を含まない))
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 松本 和幸([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.情報工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Akita Kyosuke / (日) 秋田 恭佑 / (読) あきた きょうすけ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 吉田 稔([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.情報工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 北 研二([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.情報工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 任 福継([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.情報工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座]/->個人[中川 福継])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Estimate the Intimacy of the Characters Based on Their Emotional States for Application to Non-Task Dialogue

(日) 非タスク会話への応用に向けた感情状態に基づく登場人物の親密度推定

副題 任意
要約 任意

(英) Non-task-oriented dialogue requires someschemes that enable smooth and flexible conversations with auser. For example, it would be possible to go beyond the closedrelationship between the system and the user by consideringthe users relationship with others in real life. In this paper,we focused on the dialogue made by the two characters in adrama scenario, and tried to express their relationship with ascale of intimacy degree. There will be such various elementsrelated to the intimacy degree as the frequency of response to theutterance and the attitude of a speaker during the dialogue. Wefocused on the emotional state of the speaker during the utteranceand tried to realize intimacy estimation with higher accuracy. Asthe evaluation result, we achieved higher accuracy in intimacyestimation than the existing method based on speech role.

(日) 非タスク型対話においては,ユーザとの会話を円滑かつ柔軟にするための工夫が必要となる.たとえば,ユーザの現実世界での人間関係を考慮することで,システムとユーザという閉じた人間関係から一歩踏み出すことが可能と考える.本稿では,演劇台本を題材に,対話中の2者間の人間関係を「親密度」という尺度により表現することを試みる.親密度に関わると考えられる要素として,発話の応答回数や発話中の態度などがある.本論文では,そのなかでも発話中の感情状態に着目することで,高精度な親密度推定の実現を試みる.評価実験の結果,発話役割に基づく従来手法を上回る高精度な親密度推定を実現することが出来た.

キーワード 推奨
  1. (英) Intimacy Estimation / (日) 親密度推定
  2. (英) Scenario Corpus / (日) 演劇台本コーパス
  3. (英) Emotion Recognition / (日) 感情認識
発行所 推奨 (英) IEEE computer society
誌名 必須 (英) Proceedings of the 6th International Conference on Affective Computing and Intelligent Interaction (ACII2015)
ISSN 任意
必須 ---
必須 ---
必須 327 333
都市 必須 西安(Xi'an/[中華人民共和国])
年月日 必須 2015年 9月 初日
URL 任意
DOI 任意 10.1109/ACII.2015.7344591    (→Scopusで検索)
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意 2-s2.0-84964027376
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) 978-1-4799-9953-8/15/$31.00