徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

研究活動: [徳島大学.環境防災研究センター]/[中野 晋]/[武藤 裕則]/[田村 隆雄]/[三上 卓]/[村田 明広]/[湯浅 恭史]/[渦岡 良介]/[上月 康則]/[山中 亮一]/[西山 賢一]

ヘルプを読む

「研究活動」(研究補助を受けた研究活動)は,研究補助金の交付を受けた研究活動を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
299826
EOID
789654
Map
0
LastModified
2015年8月20日(木) 21:46:24
Operator
中野 晋
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
中野 晋
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
組織 推奨
  1. 徳島大学.環境防災研究センター(2004年4月1日〜)
研究者 必須
  1. 中野 晋([徳島大学.環境防災研究センター]/[徳島大学.環境防災研究センター.防災研究部門]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.防災科学講座])
  2. 武藤 裕則([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.防災科学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.防災科学講座])
  3. 田村 隆雄([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.防災科学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.防災科学講座])
  4. 三上 卓
  5. 村田 明広
  6. 湯浅 恭史([徳島大学.環境防災研究センター.危機管理研究部門]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.防災科学講座]/[徳島大学.工学部.建設工学科.環境整備工学講座])
  7. 渦岡 良介
  8. 上月 康則(徳島大学.環境防災研究センター.教授/徳島大学.環境防災研究センター.センター長)
  9. 山中 亮一([徳島大学.環境防災研究センター.危機管理研究部門]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.地域環境講座])
  10. 西山 賢一([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.自然科学系.地球科学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用理数コース.地球科学講座])
種別 必須
  1. 国内
出資団体 必須 (日) 河川財団
予算名 必須 (日) 平成26年度河川整備基金助成
予算名2 推奨
番号 推奨 26-1251-001
課題 必須

(日) 2014年台風12号及び11号緊急災害調査

要約 任意

(日) 014年8月に相次いで来襲した台風第12号と同第11号では西日本から北日本までの広い範囲で猛烈な大雨となり,全国で6名の死者,約6000棟の浸水被害をもたらした1).中でも高知県と徳島県では8月1日から10日の間に多いところで2000mmを超える降雨量を記録し,各地で河川氾濫や内水被害が頻発した.土木学会水工学委員会と同四国支部では深刻な被害状況を鑑み,合同四国水害調査団(団員28名,研究協力者4名,表1.1)を結成して,この災害に対する緊急調査を開始した.この調査では調査団員に加え,徳島大学環境防災研究センター等の研究スタッフ,多数の大学院生らの協力を得ている. 本調査では台風第12号と台風第11号の降雨状況,河川の水位やダムの放流状況などの水文・水理特性に加え,自治体の避難情報の提供方法と住民の避難実態,災害ボランティアの活動状況,事業所,学校,社会福祉施設の被災と対応について多方面にわたり,総合的に調査を行っている.さらに,この2つの台風直後の8月20日未明に発生した広島市土砂災害にも調査員を派遣し,浸水被害が中心であった四国水害と対比することで,両災害の違いについても考察している.

金額 推奨
  1. 1500.0千円
期間 必須 2014年 8月 20日〜2015年 3月 31日
備考 任意