徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Ishikawa Mami/Inoue Takahiro/Inui Toshio/Kuchiike Daisuke/Kubo Kentaro/[宇都 義浩]/Nishikata Takahito/A novel assay system for macrophage-activating factor activity using a human U937 cell line/[Anticancer Research]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
298308
EOID
802405
Map
0
LastModified
2015年11月15日(日) 18:19:23
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
宇都 義浩
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. (英) Ishikawa Mami
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Inoue Takahiro
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《井上 卓鴻 (Inoue Takahiro) @ 工学部 [学部学生] 2015年4月〜》
    《井上 貴弘 (Inoue Takahiro) @ 工学部 [学部学生] 2014年4月〜2018年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  3. (英) Inui Toshio
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《乾 利夫 (Inui Toshio) @ 先端技術科学教育部.博士後期課程 [大学院学生] 2013年4月〜2016年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  4. (英) Kuchiike Daisuke
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《口池 大輔 (Kuchiike Daisuke) @ 先端技術科学教育部.博士後期課程 [大学院学生] 2013年4月〜2016年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  5. (英) Kubo Kentaro
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 宇都 義浩([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.応用生物資源学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. (英) Nishikata Takahito
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) A novel assay system for macrophage-activating factor activity using a human U937 cell line

副題 任意
要約 任意

(英) Macrophages play important roles in antitumor immunity, and immunotherapy with the group-specific component protein-derived macrophage-activating factor (GcMAF) has been reported to be effective in patients with various types of cancers. However, in macrophage research, it is important to properly evaluate macrophage activity. U937 macrophages were induced by 12-O-tetradecanoyl-13-phorbolacetate (TPA). The phagocytic activity of macrophages was evaluated as the internalized beads ratio. The MAF activity was assessed at 30 min after MAF addition as the activation ratio. We established a novel assay for phagocytic activities using differentiated U937 macrophages. The novel protocol was simple and rapid and was sensitive for GcMAF. This protocol should be useful not only for basic studies, such as those on molecular mechanisms underlying macrophage activation, but also for clinical studies, such as assessment of GcMAF activity prior to clinical use.

キーワード 推奨
  1. (英) Dose-Response Relationship, Drug
  2. (英) Humans
  3. (英) Macrophage Activation
  4. (英) Macrophage-Activating Factors
  5. (英) Macrophages
  6. (英) Phagocytosis
  7. (英) Tetradecanoylphorbol Acetate
  8. (英) U937 Cells
  9. (英) Vitamin D-Binding Protein
発行所 推奨
誌名 必須 Anticancer Research(International Institute of Anticancer Research(IIAR))
(pISSN: 0250-7005, eISSN: 1791-7530)
ISSN 任意 1791-7530
ISSN: 0250-7005 (pISSN: 0250-7005, eISSN: 1791-7530)
Title: Anticancer research
Title(ISO): Anticancer Res.
Publisher: International Institute of Anticancer Research
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 34
必須 8
必須 4577 4581
都市 任意
年月日 必須 2014年 8月 初日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意 25075102    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意 000339773500014
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  2. (英) KeywordList.Keyword: Gc protein-derived macrophage-activating factor

  3. (英) KeywordList.Keyword: GcMAF

  4. (英) KeywordList.Keyword: MAF

  5. (英) KeywordList.Keyword: U937 cell line

  6. (英) KeywordList.Keyword: macrophage-activating factor

  7. (英) KeywordList.Keyword: phagocytic activity