徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [宮﨑 由道]/[宮城 愛]/Simatani Yoshimitsu/[松井 尚子]/[浅沼 光太郎]/[和泉 唯信]/[梶 龍兒]/Liposomal amphotericin-B,fulcytosine,voriconazoleによる治療が奏効したクリプトコッカス性髄膜炎の1症例/[Journal of Tokushima National Hospital]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
298033
EOID
894483
Map
0
LastModified
2018年3月22日(木) 16:51:45
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
松井 尚子
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 宮﨑 由道
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 宮城 愛
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Simatani Yoshimitsu
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 松井 尚子([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.社会医学系.医療教育学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 浅沼 光太郎
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 和泉 唯信([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.臨床神経科学]/[徳島大学.病院.診療科.内科.脳神経内科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 梶 龍兒
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) A case of cryptococcal meningitis successfully treated with liposomal amphotericin-B, Fulcytosine, and Voriconazole

(日) Liposomal amphotericin-B,fulcytosine,voriconazoleによる治療が奏効したクリプトコッカス性髄膜炎の1症例

副題 任意
要約 任意

(日) クリプトコッカス性髄膜炎の59歳男性症例について検討した.発熱と頭痛を主訴とし,風邪と診断さたが,嘔吐,意識障害,歩行困難の症状が出現し,発症から16日目に入院となった.入院時に意識障害と強い傾眠傾向が認められた.右眼の対光反射が鈍く,瞳孔径の左右差が認められた.顕著な頸部硬直も認められた.ウイルス関連抗原抗体は陰性であった.脳脊髄液はキサントクロミーを呈しており,脳脊髄液圧,脳脊髄液中の細胞数と蛋白濃度の上昇,脳脊髄液中の糖濃度低下が認められた.May-Giemsa染色および墨汁染色では莢膜を有する菌体が多数確認された.Cryptococcus抗原の256倍上昇が示された.頭部のガドリニウム造影MRI検査で脳溝に沿った造影像を認めた.クリプトコッカス性髄膜炎と診断し,liposomal amphotericin-Bおよびfulcytosineによる2剤療法を開始した.臨床検査結果および脳脊髄液検査結果は徐々に改善したが,入院45日目に左顔面麻痺が出現した.MRI検査から新しい病変が確認され,造影MRI検査で造影病変の拡大を認めた.Voriconazole追加による3剤療法を開始した.脳脊髄液検査結果および臨床症状の改善を示し,入院180日目に退院となった.左顔面麻痺も徐々に改善した.

キーワード 推奨
  1. (日) *Amphotericin B(治療的利用,毒性・副作用) *Flucytosine(治療的利用) Gadolinium(診断的利用) 真菌抗原(血液) MRI 多剤併用療法 低カリウム血症(化学的誘発) 髄液 *髄膜炎-クリプトコッカス(薬物療法) *Voriconazole(治療的利用) 髄液検査 ヒト 中年(45~64) 男
発行所 推奨
誌名 必須 Journal of Tokushima National Hospital(国立病院機構徳島病院)
(pISSN: 2185-3169)
ISSN 任意 2185-3169
ISSN: 2185-3169 (pISSN: 2185-3169)
Title: Journal of Tokushima National Hospital
 (医中誌Web (No Scopus information.)
必須 1
必須 ---
必須 31 34
都市 任意
年月日 必須 2010年 0月 初日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意